空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その47 鈴木新さん・そして会津若松から山形へ

2011年10月7日。
栄町教会
輝美さんにお願いして、今日も栄町教会をお借りしてインタビュー撮影をすることにした。
教会の裏手のここが入り口。今は1階が大熊町の保育室、2階が放射能情報センターの事務局。
鈴木新さん。
今日のインタビューは鈴木新さん。
会津若松の一箕町で青果業をしている方。
会津に対する愛情と今こそ有機農業で会津を元気にしようと希望に燃えている人だった。
話していて何だか私もワクワクしてきた。
柿崎重裕さん。会津放射能情報センターのメンバーで会報の編集長。本職はキャメラマン。
インタビューでお借りしている部屋は、会津放射能情報センターの事務局でもある。
同じ部屋で柿崎さんは会報づくりの仕事をしていた。
鈴木さんのインタビューが終わって柿崎さんと少し話をした。
部屋には放射線量の地図がはってある。

会のガイガーカウンターを見せてもらった。
ガイガーカウンターの裏。銅色をした部分で放射能をはかっているそうだ。
栄町教会の片岡輝美さんには本当にお世話になった。
お礼を言って教会を後にした。
柿崎さんに教えてもらった蕎麦屋でお昼を食べた。おいしいお蕎麦だった。
そして私は山形へ向かった。
会津若松郊外。
高畠ワイナリー
山形県に入った。高畠ワイナリーの看板が見えた。
「嘉」という高畠ワイナリーが好きだったので、寄ってみることにした。すると、この日は高畠ワイナリーで秋の収穫祭でぎわっていた。
おススメのワインだそうです。
建物の中はショップで、色んな製品が売られていた。
ワインの試飲もあくさんあった。車なので飲めないのが残念だった。
働いている人たちが生き生きしていたのが印象的だった。
これが私が好きな嘉。
缶のワインが売っていた。2つ買ってみた。
外ではたくさんの出店が並んでいた。
おいしそうな紅玉を一袋買った。
車に乗ろうとしたら、駐車場の係りのおじさんに帯広から来たのかいと話しかけられた。
そしてひとしきり映画のことなどを話した。
このおじさんも映像をやっていた人だった。
そして私は山形映画祭へ向かった。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用