空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その145 朝市 in 高崎

2012年10月7日。

8:30頃起床。

竹渕さんはいつものように鶏の世話と採卵の仕事。

智子さんも家事仕事。

 

薄曇り。

昨日とうって変わって寒い。

今日は、中医研でふれあい朝市。

そして午後からは未来にちにち堂主催の井沢さんの講演会・「くうねるのぐそ」。

 

朝食を食べ、10時過ぎに竹渕さんの車で3人で高崎に向かう。

中医研に到着すると、建物の前に建っている大きな木のまわりに、

いくつも出店していてにぎやかだった。

農カフェの岩田さんも家族できていた。

夫のタダオさんは店の脇でロケットストーブのワークショップをしていた。

岩田さんは相変わらず明るくパワフル。

ゆかりちゃんは去年より背が伸びていて大きくなっていたが、

相変わらずやんちゃで、他の子たちと走り回って遊んでいた。

いつの間にか家族も一人増えていた。

コウキちゃんという男の子。

色んな人にだっこされてかわいがられていた。

竹渕さんたちすぎな農園も、農カフェの隣に店を出した。

 

会場をくるっと歩くと、どれもおいしそうなものばかりで、全部食べたくなって困った。

 

トガシさんの野菜スープを買っておしゃべり。

鈴木酒店でも久しぶりにおしゃべり。

ノンアルコールのオーガニックビールをいただき飲んでみるとおいしかった。

なんかほろ酔い気分になってきた。

去年は鈴木君がやっていた店・「森の音」は、市民測定所・クラシルになっていた。

食品を売ったりコーヒーも飲めたり、ここで色んな会やワークショップもしているそうだ。

やはり今もみんなの拠点になっている。

 

中をのぞくと、甲田くん、ゆうこちゃん夫婦が、講演会に時にお客さんに渡すチラシセットを手分けしてつくっていた。

私も上がって、久しぶりにおしゃべりした。

 

甲田君がコーヒーを入れてくれるというので、あわたまのティラミスを買いに行った。

 

お日様が出てきて、暑くなってきた。

食べたり飲んだり、おしゃべりしたり、みんなそれぞれに楽しんでいる。

開放的で自由でゆるい。

こうしてこういう空間があること、なんだかことさら貴重に感じる。

 

つづく

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用