空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

風のたより その309

IMG_0350

先日、隣町からトモヤくんとアユミちゃんがウチに遊びにやってきました。
何して遊ぶかというと、ベーゴマです。

来るなりトモヤくんは持ってきた大きな鉄釜(小さい五右衛門風呂みたいなもの)にビニールを張って台を作りました。
私は漬物樽に帆布を張って台を作り、2種類のコマを回す場ができました。

「オレね、午後の授業が理科と図工以外だったら、ずっとベーゴマのこと考えてるんだ」
とトモヤくんは言いました。

今、ベーブレードという簡単に回せるコマが友達の間で流行っているそうです。
トモヤくんはある日お父さんにベーブレードを買って欲しいとお願いしたそうです。
そうしたら、お父さんはベーゴマ方がいいんじゃないと言って、
ベーゴマを買ってくれたそうです。
それ以来、トモヤくんはベーゴマの本を買い、日々独自に研究を重ね、練習しているそうです。

トモヤくんのお気に入りのベーゴマは、自分で鉛で重さを足していたり、やすりで研いでいたりと工夫が凝らされていました。

ひもの巻き方も、トモヤくんは男巻きでした。
この方がコマを回す威力があるからです。
私は、比較的巻きやすい女巻きで回しています。

そしてコマの投げ方も4種もあることも実演してくれました。

トモヤくんはとても上手です。
1時間半、びっちりベーゴマの勝負。
時々あゆみちゃんも参戦したりしてとても楽しかったです。

今、ベーゴマに夢中になっているトモヤくんがキラキラしていました。
またやろうね!

One Response to “風のたより その309”

  1. 1
    田代浩一:

    ベーゴマに夢中になっている子 何年生かわからないがいた事実うれしいな。
    吾は73のジジイだが、ベーゴマは小学生のガキの頃に夢中にやったお陰で
    今は、「ベーゴマけん玉の遊び名人」ー一年生の生活科に「遊び名人」になろうという
    単元がある。地元の学校2校から講師で遊びに行っている。
     地域の子供文化センサーでは、正月遊びの会と夏祭りに出店、秋は千代小のフェステバル(11月19日)
    と毎年の未来集会27日(教師と市民が手をつなぐ教育についてのシンポジュウム)にも出店する。

    吾もベーゴマやすりで磨いたもの、50年60年以上前の代物を持っている。手合わせしたいな。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用