空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

「風のたより」関東ツアー その4 ヒジノワ その1

 

栃木県益子町。

ものづくりをする人たちが多く住む町。

ここに集い、感じ、食し、出会い、語り合った濃密な二日間でした。

栃木最後の場所で、一瞬一瞬がキラキラとした忘れられない上映会となりました。

 

矢野さん

 

ヒジノワ。

古い家を改装した集う場として様々な使われ方をしている。

カフェ、ギャラリー、ワークショップ、映画上映のスペースがあります。

写真家の矢野さんをはじめとした何人かの人たちで運営しています。

カフェは日替わりで食事を提供する人か変わるそうです。

五月女尚子さん

 

今回の「風のたより」上映会は、五月女尚子さんが主催してくれました。

彼女はフットワーク軽く色々な場所へ出向き、人と人をつないでゆく人のようです。

関東ツアーのコーディネートをしてくれたありちゃんの友人・ミキさんが繋いでくれたご縁でした。

ミキさんは栃木市の嘉右衛門長町でLydie tells a small lieというアクセサリーショップをやっています。

今回は託児スタッフとして参加してくれました。

 

左からミキさん、娘のオトちゃん、ありちゃん

 

 

五月女大介さん

 

尚子さんの旦那さまは、五月女大介さん。

東京でDJをして暮らしていた大介さんは、3.11を機に故郷栃木に戻ってきました。

そして竹細工の職人の方に弟子入りし、現在は独立して益子の近くの茂木に暮らし、竹細工をつくっています。

今回は、製品の販売と、トークセッションに参加してくれました。

 

藍染職人の青木伴文さんも参加しました。

大介さんのご両親も見にいらしてくれました。

お母様と大介さん。

左から、うたし農園の廣崎順子さん、お手伝いに川西ガラスの中江綾さん

上映会はご飯付きです。地元の素材でつくってくれました。

竹の器は、大介さんがこの日のためにつくってくれました。

スクーン、スピーカー、プロジェクターが常設になったのは、つい2週間ほど前とのことです。

受付をやってくれたのは宇都宮大学3年の小泉泰英さん。

小泉さんは農業を学び、日本が古来から大切にしてきたものや神社などを勉強しているそうです。

上映の合間にお話が聞けてとても楽しかったです。

山田農場のチーズも販売しました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用