空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

ブリュッセルにて

2018年4月20日

ブリュッセルは夏のような陽気でした。

空港には、ニコラとミクさんが迎えに来てくれました。

ニコラと再会!

そしてプレゼントを渡してくれました。

それは、シネマノバのマガジンとチョコレートでした。

嬉しかったです。

「風のたより」は4月21日の20:00スタートです。

シネマノバは、毎日は上映をしていません。

特集企画を立て、そして上映をしています。

運営を、ボランティアスタッフたちが支えています。

これまでも、原一男特集とか、大島渚特集、小川紳介さんや佐藤真さんの映画など、

日本の作品もたくさん上映してきたそうです。

ミクさんはシネマノバのスタッフでもあります。

なんだか、初めて会った気がしない人でした。

早速、6日間のブリュッセル滞在の間お世話になる家に向かいます。

ミクさんが暮らしているアパートの上の階に住んでいる、マリアーブの部屋です。

マリエーブもシネマノバのスタッフです。

彼女はこれから彼の家に行くので、空いた自分の部屋を貸してくれることになったのです。

なんと、ペントハウスで、とっても広くて眺めのいい部屋でした。

自分の部屋をそのまままるごと自由に使っていいからと言って、鍵を私に渡してくれました。

ほんと、ありがたいです。

アリスと二人の子どもも一緒に住んでいます。

アリスは学校の先生。

子どもたちも学校へ行くので朝8時くらいには、誰もいなくなります。

ミクさんは夫のクリスタフと、渚と楓という二人の息子と、下のフロアーに暮らしています。

ネット環境がマリアーブの家はネット環境がないので、ミクさんの家でやったらいいよと、ミクさんの家の鍵も渡されました。

そして、クリスタフ、楓くん、ミクさんの友達のさちよさんも合流して、

近所のバーで夕食を囲みました。

やっぱりビールがうまいです。

クリスタフはおちゃめで面白い人です。映画を作っている人で、今は高校生に映画理論を教えてます。

本当に親切にしていただき、もてなしてもらって、すっかりベルギーが大好きになりました。

フランス語なので、お互い母国語でない英語で話さなくてはいけないのですが、

みんなのあったかさが伝わってきて、言葉はあまり問題ではありません。

今は写真がアップできないので、出来るようになってからアップします。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用