空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 vol.2

植野翔さん

令和元年5月22日

信級を撮るきっかけをつくってくれた植野翔さん。

米をつくる農家です。

信級の炭焼き職人・関口さんに教えてもらい、炭も焼きます。

その余熱を利用して玄米珈琲もつくっています。

植野香緒理さん

植野さん夫婦の仕事、暮らしを中心に撮影させてもらいながら、

徐々に信級の人たちを撮っていけたらと思っています。

植野家の子供たち。乎陀(カナタ)、功那(イサナ)は双子。2年生。

隣の信州新町の小学校へ通っている。

7:38のバスに乗る。

三男の水渡(ミナト)くんも保育園へ通っている。

植野さん夫婦が大事にしていること、

目指していること、

それを撮っていったら信級の魅力が現れてきて、

その先の明るい未来が見えてくる気がしています。

このサイズ感、山の迫り具合。

この風景。

信級はやっぱり気持ちいい。

毎日この景色を見ながら仕事をしている植野くん。

この風土と一体となる感じなのかな。

田植えの直前。

苗が田んぼに並んでいます。

朝、苗踏みを見学しました。

苗に朝日があたる前に、苗を押し付けるようにしてツユを払います。

苗の根の張り具合や、葉っぱの具合を見て田植えの頃合いを見定めています。

緑が綺麗。

田んぼってなぜか安心感を覚えます。

苗踏みが終わると、ぐるっと田んぼを見回ります。

田植えの前に代掻きやります。

そのために田んぼに水を貯めなくてはいけません。

水が溜まってない田んぼがいくつかありました。

もぐらが穴を掘っているからでした。

その箇所を見つけて、足やシャベルで穴を塞ぎます。

家に戻って機材チェックの準備をしていた時、

玄関先で香緒理さんと立ち話。

何かの話から、お互い同じ時期に同じような辛いことがあったことがわかり、

香緒理さんの気持ちが痛いほど伝わってきました。

そして二人で声をあげてオイオイ泣いていました。

なんでこんなに涙腺が崩壊してしまったのか今も謎ですが、

私も香緒理さんに話して思いっきり泣いたおかげで、

まだ悲しいけど、なんだか吹っ切れてさっぱりした気持ちになりました。

「陽子さん、ちょっと臭いがどうか、小屋に来てみて」と植野くん。

植野家の母屋の隣の私が滞在する予定の小屋へ行きました。

小屋の中に入る前から、猫のおしっこ臭がキツくて、クラクラしました。

床板をはがして新しい板に張り替えをしなければ、

この小屋は使えないということになり、植野くんは早速準備に取りかかりました。

ということで、今回は植野家の2階に滞在することになりました。

鴨林克彦さん

昼ごはんはかたつむり食堂へ。

この日は鴨林さん夫妻が切り盛りしていました。

奥さんの朱実さんは初めてお会いしました。

アルバイトで高校生の龍一くんが働いていました。

龍一くんは宮平の空師・越山博さんの息子さんです。

長針朱実さんと越山龍一くん

私は山菜天ぷら定食をいただきました。

ここにくるといろんな人に会えます。

この日は、吉沢さん、石坂さん、シェーン(石坂さんの愛犬)、イチローさんと会いました。



鴨林さんに肩を揉んでもらっている石坂雄一さん。

石坂さんは山菜を採ったり、イノシシを採ったり、山のことはなんでも知っています。

吉沢哲明さん。かたつむり食堂の建物の持ち主です。

吉沢さんは都会で会社員として働いていて、40歳を過ぎて高齢になった両親のために信級に戻ってきた人です。話し好きでおもしろい人です。

そして会う人会う人に、これから撮影を始めますとご挨拶をしました。

平林一朗さん

「信級小学校の脇から歩いて15分くらいで鹿谷城跡に行けるんだ。そこから本鹿谷(信級の集落のある谷)がよーく見えるぞー。そこからが最高だ!」

とイチローさん。

イチローさんは夕食前に一杯飲みにいつもやってきます。

声がやたらに大きくてとにかく明るい人です。

「俺な、カメラもうすぐ新しいのがくるんだ。そのカメラで鹿谷城跡から写真撮りたいと思っているから、一緒に行こう。」

と言ってくれました。

信級全体が見渡せる場所を探していたので、私はとても嬉しくなりました。

シェーン

食事を終え、居合わせた人たちとおしゃべりを堪能して店を出ると、

すらっとした素敵な女性が食堂の前を歩いていました。

その光景はなんだかファンタジーな映画でもみているようでした。

カナタの加藤さんの奥さんのメリーさんでした。

カナタという洋服をつくっている会社で、

かたつむり食堂から見えるところにあります。

初めてお話しして、まじかでメリーさんを見ました。

とても美しい人でした。

第一日目。

撮影はしなかったけど、

食堂でいろんな人と会えて、たくさん話をすることができて

とても良かったなあと思いました。

この日のメモには、

軽い三脚も持ってくれば良かった。

とにかく焦らず丁寧にやっていこうと書いていました。

兎にも角にも、撮影は始まりました。

布団に入った途端に眠りに入っていきました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用