空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 vol.21

令和元年 7月4日

さぎり荘を出発し、会場のミュゼ蔵へ。

お昼を過ぎると続々とお客さんがやってきた。

吉澤さんが左腕をつってきてくれた。

私はまさか来てくれるとは思っていなかったのでびっくりした。そして嬉しかった。

ひとしきり事の顛末を吉澤さんが話す。

夜に救急車で長野市まで運ばれ、診察を受け脱臼だったので帰ってくださいと言われたそう。夜遅かったので誰も迎えにきてもらえず、タクシーで帰ってきたとのこと。

「高い酒になったよ」と吉澤さん。

「いやー、とにかく脱臼で済んでほんと、よかったわー」

左腕が使えなくて不自由だけど、元気でよかった。

イチローさん、ゆみこさん、ちほちゃんも見にきてくれた。

赤ちゃんを連れたお母さんの姿もあった。

30人ほどの会場だったが、ほぼ満席になった。

冷房を入れてもらい、扇風機も回した。

西川さんが挨拶をして上映が始まった。

私は後ろの方から見ていた。

みんな集中してみていた。時々笑いもあり、私はホッとした。

上映後、休憩を挟んで、輪になって座り質疑応答。

夫婦の会話が面白くて笑ってしまった、

共働学舎の生活が見られてよかった、など

いろんな感想、質問があって面白かった。

イチローさんは、聡美さんとあかりの畑のシーンを見て、

「自分の母親もあんな風にして自分を育ててくれたんだなあと思った。」

というようなことを言った。

親子で見にきてくれた信州新町の方。

近くの町から見にきてくれたご夫婦。

映画を楽しんでもらえて、本当によかった。

西川さんもとても嬉しそうだった。

打ち上げは、西川さん行きつけのひはら食堂でやった。

15人ほどの人が参加。

ジンギスカンがとても美味しかった。

西川さんの娘さんと娘さんのお友達、心一朗くんも参加。

楽しいひと時でした。

ハプニングがあったけど、無事2回目の撮影を終えることができた。

ああ、よかったー。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用