空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

新得お披露目上映 2008年3月22日

「空想の森」感想いろいろ
2008年3月22日・新得お披露目上映会
新得町公民館大ホールにて

身の周りに便利なものがあふれている幸せと、不便かもしれないけれども、おいしい野菜をそだてて、食べる豊かな幸せと、どちらが本当の幸せなのだろうかと考えさせられた。自然と共に生活している映像を見て、ふと「うらやましいな」と思っている自分におどろいた。これからの自分の生活、人生を思うと、物のあふれている場所に住むかもしれないけれど、「空想の森」のような豊かな生活を忘れないで、むしろ自分なりに追求したいと思った。
(女性・学生)

映画の中のことで、観客の方々から「蕎麦だー」「よく切れるねー」と声が上がっていたのが印象的でした。見てる人と映画がとっても近いんですね。これが新得で生まれた映画だからと実感。日々の生活を客観的に見ることができる素晴らしい時間だったと思います。新得の人達はhappyだ。この映画ができて。すてきな土地だな、と思いました。「命」「土」「生き方」この3つのキーワードを感じました。ありがとうございます。
(女性)

とても良い映画でした。観た人の生き方、心のあり様を変えてしまうくらい、ある意味でとても強い力をもった作品だと思います。全国津々浦々で、世界中で上映されることを望みます。本当に良かった。完成、おめでとう!!
(男性)

上映中、画面の中に引き込まれた、引きずり込められてしまった。感動した。映画はやっぱりいい!!
(男性・69歳)

農業に大きな情熱で取り組んでいる二組のご夫婦の力強さに心打たれました。現在の日本の中で、一筋の希望と期待を持たせてもらいました。ラストシーンが印象的でした。
(無記名)

国道を走りぬけるだけではわからない、新得の人々の暮らしを感じることができてとてもおもしろかったです。音楽のまったり感がまたとても良いですね!!山田聡美さんと宮下文代さんの声がキュートでとても好きです。
(女性)

足元に近すぎて、目に映っているのに見えていないもの。私たちの日常にある楽しさ、面白さ、そして豊かさ。常々、その豊かさにスポットを当てて伝えていきたいと思っています。手段は違えど、「映画」という方法でそれを成しとげられているのを目の当たりにしました。今日は、ありがとうございました。
(無記名)

出てくる食べ物がとてもおいしそうで、とにかくおなかがへる映画でした。出演のみなさんが楽しそうでよかったです。
(男性)

新得屈足にふらりと引っ越してきて、そろそろ1年が経とうとしています。この映画は自分へのごほうび。この映画に出てくる人々の日常の生活は、人事ではありますが、実は人事ではないのです。宮下さん同様、有機農業を営む農家にかよいながらの町営住宅暮らし。畑の野菜とひたすら会話をくりかえす1年だったからです。私の空想の森はこれから転回しつつあります。いろいろおもしろくあり、共感あり。宮下さんのそば粉、おいしかったです。
(女性)

多少上映時間が長いと思いましたが、私が新得に住んで6年、共働学舎とは少ないですが関わりがあって、登場人物がそのまま活き活きとしている。(時々はシンドソウ)あかりちゃんの成長の様子がうれしかったです。
(女性)

かなり前のラッシュから見させてもらっていたので、完成までの御苦労がかいまみれました。ストーリーの流れや場面の移り変わりなど、とてもスムーズに分かりやすくなっていました。音と絵が大変美しい映画に仕上げられたと思います。
(男性)

近くにいても知らないことがたくさん。とても楽しかった。共働学舎での生活、素敵だなー。
(男性)

新得らしさが良く出て大変ご苦労でした。
(男性)

空想の森映画祭に行きたくなりました。
(男性)

音声、苦労のあとが理解できる。画質、少し暗いかな。ホワイトバランスが急に変化したのは何か意図があったか。(そば落としの場面)編集、ゆったりとして、内容とマッチしていた。
(女性)

新得のことが紹介されてとてもいいと思った。でも、新得以外の人や都会の人には少しわかりづらいかもしれないと思った。
(無記名)

共働学舎、宮下さんの生の姿が見れ、音響も素晴らしかった。牛の放牧、草を食べる音等、最高。
(男性)

完成おめでとうございます。とっても面白かったです!二家族の苦悩というか真摯に生きている姿が素晴らしかったです。ただ、その生き方と映画祭の関係が見づらかった様な気がします。空想の森映画祭は何だったのかなーと見る人は思うのではないでしょうか。
(男性)

2時間を越える大作でしたねー。出てくる人たちが生き生きしていて、楽しく拝見しました。私も家庭菜園をしているので、興味のあるところです。ただ、やはりちょっと長いなとも感じて、あとで考えてみると、映画祭の部分が少し多すぎたのではと思います。その分、2組の家族の生き方が少しぼけてしまったように思いました。彼らはどこへ行こうとしているのか、というのがテーマとしてもっと見えてくるとよいかなあ・・・と。でも、空とか雲とかもきれいに撮れていて、気持ちのよい映画でした。ありがとうございました。頑張ったね!!
(女性)

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用