空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

Shintoku空想の森映画祭2008でお披露目上映

13回目のShintoku空想の森映画祭は9月15日無事に終わりました。
私にとっては忘れられない映画祭となりました。

第一回目のこの映画祭にお客さんとして参加して、初めてドキュメンタリー映画をスクリーンで見ました。ドキュメンタリーって何て面白く豊かなんだろうと思ったのでした。

そして、大人たちが心底楽しんでいる姿に、こんな大人もいるんだ、世の中捨てたもんじゃないと思ったものです。

この映画祭がきっかけとなり、映画祭を立ち上げたドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんの映画のスタッフとして、2本の16ミリ映画に関わりました。(『森と水のゆめ』、『闇を掘る』)それと同時に空想の森映画祭のスタッフとして、映画祭をつくってきました。

映画祭では、仲間と共にやりたいことをずいぶんやってきました。大変な思いもしましたが、本当に面白かったです。

 1996年、一回目の空想の森映画祭で初めて見たドキュメンタリーは「阿賀に生きる」です。私と友人3人で、上映実行委員会を立ち上げ(ブラボー!茂の会)『阿賀に生きる』の上映会を開催し、キャメラマンの小林茂さんをお招きしました。音更町文化ホールに250人を集客しました。
そして引き続いて、帯広の藤丸デパートで5日間、小林さんの写真展「ウガンダに生まれて」も開催しました。

2002年、私自身が映画をつくることになりました。7年間の格闘の末、 2008年3月、ようやく『空想の森』は生まれてきました。

今年、これをやっと、新内ホールでスタッフと共にお披露目することができました。

会場はお客さんで埋め尽くされました。私は見ている間じゅう涙が止まりませんでした。撮影の時のこと、撮影ができなかった2年間のこと、編集の時のこと、スタジオでのダビングの時のこと、パンフレットをつくっていた時のこと、英語字幕の作業の時のこと・・・色んな思いが蘇ってきて泣けました。

スタッフ3人にとっても、今回の映画祭は特別でした。私たちにとって、別れと旅立ちの卒業式のようなものでした。これから3人、それぞれの道を歩いていく、その出発の日でした。

私たちが映画と格闘した7年間はしっかりと作品に刻み込まれています。録音の岸本君、撮影の一坪君は、これからも一生私の大切な仲間です。私はかなりさみしかったけど、笑って別れることができてよかったです。

私は『空想の森』と、それを支えてくれたすべての人と共に、歩き出します。

映画ができてから、上映を通して様々な人たちと出会いました。そして色んなことを考えさせられています。

こんな人も出てきました。東京のポレポレでこの映画を見た人が「自分の町で、『空想の森』の上映会を仲間といっしょにぜひやりたい。」と私に連絡をくれました。

かつて私が『阿賀に生きるを』見て仲間と上映会をしたように。
こんな嬉しいことって他にはありません。

田代陽子

2 Responses to “Shintoku空想の森映画祭2008でお披露目上映”

  1. 1
    yuri:

    ようちゃん、忙しいのに、これも、完璧だね。
    人事ながら、嬉しく、誇りに思います。本当に、なんでも一人でやっちゃうところが、すごい。
    でも、きちんと食べて、時々Slow Down しつつ、頑張ってね。
    こっちに、映画持ってくる予定は決まった?なんでも、できること手伝うよ。楽しみ、楽しみ。
    では、またね。

    Love,
    ゆり

  2. 2
    田代陽子:

    由里へ
    メールありがとう。今のところ、順調に上映がすすんでいます。色んな人の力を借りながらやってます。今のところアメリカでの上映予定はないのですが、いづれは、どこかの映画祭に応募します。英語字幕版がもうすぐ、完成する予定です。
    陽子

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用