空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

2008年10月6日 大阪キャンペーン初日

第七藝術劇場 2008年11月22日~12月5日 10:30から 「空想の森」上映決定!

2008年10月6日。
福井での自主上映を無事終え、私を呼んでくれた玉井さんが
福井に暮らす面白い人たちのところへ連れて行ってくれ、
様々な人たちに出会った。
嬉しく楽しく高揚した気分で大阪に入り。
さあ、大阪でいっちょがんばるか!と。

12:30 大阪の宣伝を担当してくれる楠瀬かおりさんが
駅のホームまで迎えにきてくれた。

これから3日間、私と共に宣伝にまわってくれるのだ。
電話でのやりとりはしていたが、これが初対面。
短いあいさつの後、
すぐさまこれから3日間の大阪キャンペーンのスケジュールを渡された。
今日も夜、2本取材が入っていた。
 
私が大阪に来る前に、2回ほど試写会を開いていた。
そして私が大阪入りするのに合わせて、新聞、ラジオ、ネット、映画ライターなどに
取材をしてくれるよう働きかけ、セッティングしてくれたのだ。
これは結構大変な労力がいる仕事だ。
それをやってくれるのは本当にありがたい。

彼女は、録音の岸本君が以前製作に関わった「ハダカの城」
という作品で宣伝をやっていた人。
そのつながりでやってくれることになった。
彼女も「空想の森」を見て気に入ってくれた。
私はそういう人に宣伝をやってもらえることがとても嬉しい。

13:00 まず梅田から阪急に乗り一駅の十三へ。
ここに第七藝術劇場がある。
駅から歩いて5分ほどの繁華街のど真ん中にあった。

この日偶然大阪に仕事で来ていたプロディユーサーの藤本さん、
劇場の社長の松田昭男さん、楠瀬さんと4人で劇場の隣の喫茶店で
お昼ごはんを食べながら宣伝の打ち合わせ。
魚か肉を選べるランチセットだった。

私は福井の興奮が残ってたので、
まずは福井での話をあらかたみんなにした。
そして現在の状況を楠瀬さんが説明した。

藤本さんからは、ここもまわった方がいいよ
というところをいくつか教えてもらった。
お昼ごはんは松田さんがご馳走してくれた。

14:30 藤本さんと別れ、私たちは早速宣伝にわまることにした。

16:00 梅田のビジュアルアーツ専門学校へ向う。
今回、録音の岸本君、宣伝の楠瀬さんの
母校であるこの学校に大変お世話になっている。
試写会、取材場所として使わせてくれたのだ。
本当にありがたいことです。そこで講師をしていて、
今回力になってくれたとしおかさんと柴田さんに会う。

あいさつをして少しお話をする。
そして11月21日、大阪初日の前日に学校で
私の講演会をしてくれることになった。
ありがとうございます。

柴田さんに司会をしていただき、
抜き素材を見せて話をする
という感じでいきましょうということになった。
私が一人でしゃべるのはどうも自信がない。
 
試写会で映画を見て、宣伝に協力してくれることになった
後藤恵太君という生徒が、話をしたいとやってきた。

彼は空想の森の感想などを熱く私に語った。
なんかそれを聞いているだけで私は嬉しかった。

十三に戻る。劇場の横の喫茶店にて取材を受ける。
18:00 産経新聞文化部 福本剛記者 取材
19:00 朝日新聞 阿久沢悦子記者 取材
たて続けに2本目の取材は、やはり少し疲れた。

20:00 松村厚支配人、楠瀬さんと打ち合わせ。

22:00 長い一日が終わった。楠瀬さんとお好み焼き、ねぎ焼き、
焼きそばの遅い夕食を食べる。ビールで乾杯する。
なかなか充実した宣伝初日だった。

23:00 私は宿へ帰ってバタンキュー。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用