空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

高崎上映会は盛り上がりそうな予感!

2008年12月14日 「空想の森」高崎自主上映会 
会場 群馬中国医療研究会
電話 027-373-8345
  *午前と午後の2回上映をします!

 2008年10月9日。
友人とたっぷり話した私は、
京都を後にして群馬県高崎市に向いました。


竹渕進さん

東京のポレポレ東中野で「空想の森」を見てくれた竹渕進さんが、
自分の町・高崎で自主上映会を開くことになったのです。
仲間を集めて実行委員会をつくってくれました。

こんな嬉しいことはないので、
私は竹渕さんに会いに行こうと思ったのです。

 

竹渕さんの奥さんの智子さんが東京へ映画を見に行き、
映画館から「空想の森」のチラシを持って帰ってきたそうです。
そのチラシを見て何かピンときた彼は、
東京の東中野までわざわざ映画を見に来てくれたのです。

竹渕さんは「すぎな農園」で平飼いで鶏を飼っています。
その卵をお土産に私にくれました。とてもおいしかったです。
この日遅くに高崎に到着。一晩駅前に泊まる。

2008年10月10日。
10:00 宿まで竹渕さんが迎えに来てくれた。
どことなく宮下さんに似ている。宮下さんよりだいぶ若いですが。
それほどおしゃべりではない人のように見受けた。

会場となる群馬中国医療研究協会に着き、
私の目に飛び込んできたのが、
ケヤキの木とこならの木でした。

何の変哲もない建物と駐車場に、
それほど大きくはない2本の木が立っているだけなのに
その辺りがなんかいい感じになるのです。


鈴木真吾さん

その木の間に、
「やさいと暮らそう」という看板のある小さな小屋が建っていました。
実行委員の鈴木真吾さんの野菜屋でした。

中には地元の野菜などが並んでいます。
鈴木さんは仕入れや配達で忙しそうでした。


小松かおりさん

その左手にデイサービスの続きの建物に、小さな店がありました。
これも実行委員の小松かおりさんのお店(風の暦)でした。

ランチやお茶を出す小さなお店です。
ここでお昼ご飯をご馳走になりました。
玄米、味噌汁、なめたけがおいしかった。
ナスなどの野菜のおかず2品、しょうがのつけもの。
ほんとうまかった。

地元の農家の人が枝豆をもってきてくれました。
いっしょに居合わせたお客さんたちといっしょに枝豆をご馳走になりました。
そのおいしかったこと。

昔からこのあたりで種どりしてつくっているものだそうです。
味が濃くてほんといくらでも食べられた。
そのお客さんも、前橋で野菜料理の店をやろうとしている若いご夫婦でした。
なにやら面白そうと私はワクワクしてきました。

中国医療研究協会の建物の1階は、漢方の薬屋でした。
上映会場は脇の階段を上った2回です。
100人ほどが入れるスペースでした。
少しスクリーンが小さいですが、まずまずの会場です。
あとはスピーカーを少し大きいのを借りれたらいいと思います。


左から竹渕進さん、甲田崇恭さん、吉田久雄さん

中国医療研究協会の吉田久雄さんも実行委員の一人です。
若干23歳の甲田崇恭さんはアグリィという会社の社長さんです。
農業に関わる事業をしています。

こんな人たちが、高崎上映実行委員のメンバーです。
みんないい顔をしていました。
12月14日の上映会が本当に楽しみです。

4 Responses to “高崎上映会は盛り上がりそうな予感!”

  1. 1
    八百屋の鈴木:

    田代陽子監督さん

    こんばんは。
    先日は、わざわざ高崎までありがとうございました。
    僕は、バタバタしてましてゆっくり話ができず、ちょっと残念でした。

    僕は、愛知出身なんですが、名古屋シネマスコ-レでも上映会やるんですね。
    僕も、学生のときはよくあそこへ映画を観にいきました。
    懐かしく、何だか嬉しい気持ちです。
    観にいくように名古屋の知人たちにも連絡しなくては・・・。

    高崎の上映会も、きっと盛り上がることでしょう!
    いや、盛り上げますよ♪
    上映会当日は宜しくお願いいたします。

    野菜のお兄さん・鈴木。

  2. 2
    田代陽子:

    鈴木さんへ

    コメントをありがとうございます。
    高崎に行って本当によかったです。
    この映画をつくって、色んな人に出会えて
    幸せな日々が私にもやってきました。
    世の中捨てたもんじゃないと思います。

    上映会、たくさんの人に観ていただきたいです。
    宣伝、よろしくお願いいたします。

    今度上映に伺った時に、ゆっくりお話できたらいいですね。
    飲みながら。

    田代陽子

  3. 3
    八百屋の鈴木:

    田代様

    今、社会は非常に混沌としています。
    でも世の中本当に捨てたもんじゃありません。
    みんな多少の不安を抱えながらも、すばらしい仲間や出会いがあって、みな助け合って日々を一生懸命生きているように思います。

    この「空想の森」上映会で、また新たな仲間と出会いつながり、またそれを育んでいけたらと空想しています。
    何だか、そう考えていたらワクワクしてきてしまいました!

    上映会後にゆっくりお話ししましょう。
    飲みながら・・・。いいですね~!
    酒好きの方、多いですからね高崎は♪

    鈴木

  4. 4
    田代陽子:

    鈴木さま

    そうなんです。
    私たちの生きている世界は、
    常に戦争が存在し、核兵器を製造し、原子力発電をし、
    遺伝子まで操作して種をつくり、
    ものがあふれてるのに、心はちっとも満たされておらず、
    愕然と立ちすくんでしまうような現実も多くあります。
    それも事実。

    それでも私たちは
    自分たちのおかれた環境で生きていくのです。

    同じ映画なのに、お客さんによってずいぶん映画も違って見えるものなので
    ほんとに上映会、わくわくします。

    たくさんお客さん、集めましょうね。

    この映画に出てくれた宮下さんや、聡美や憲ちゃんたちと
    いっしょにいけたらどんなに面白かろうと思います。
    私が代表して行きますが。

    田代陽子

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用