空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

北海道森町・ハル小屋にて 2009年9月29日

「空想の森」感想いろいろ
2009929日・北海道・森町
ハル小屋にて 
上映してくれた人 : こなひき小屋 おかみさん、ハルエさん ありがとうございました!

ドキュメンタリー映画はあまり見ないので、はじめは少しとまどいつつ見ていましたが、途中から山田さん、宮下さん一家の様子にどんどんひかれて、とても楽しく見終えることができました。山田さんちのお子さんの様子や、宮下さんご夫婦の野菜をめぐるプチゲンカ、音楽隊(バンド)のサックスのひっくり返る高音、ちょっと酔っ払った様なトランペットのヘタウマな演奏などなど、細部に笑ったり感心したりしつつ見ていました。チラシを見た時は学舎メインの映画と思っていましたが、最後の監督のお話でそうではないと聞き、納得しました。ほんの一部分とのことでしたが、日々の様子、お仕事の内容、とても面白かったです。特にチーズ作りは圧巻!!でした。赤いTシャツの男性のあまりのキン肉マンぶりに驚きましたが、あの作業のたまものなのですね。また、登場している人たちとの距離感がとてもいいなあと思ってみていました。今日はすてきな映画をありがとうございました。
(女性)

製作途中の上映会の時拝見しました。あの時は正直どうなるのって感想でしたが、今回一つの作品が誕生していて感慨深かったです。色々なドキュメントの表現方法があるのでしょうが、映像にもっと説明やら(何をやってるとこだとか)、製作者のコメントやら入ってもいいのではと思いました。ただ、それは私の感想で、実際の登場人物の姿を見て、そこから感じられるものをくみとってほしいというのが意図なのでしょうか?!見終わった後に単純によかったーとは思えず、実生活が生々しく感じられて、少々哀しい気持ちになる部分もあり、もちろん充実感を感じられる部分もあり・・・又、共働学舎の生活がいわゆる一般の生活とは少し違い、そこでの生活と個人の生き方の間で揺れ動く心も痛いほど伝わってきて、なんだかすっきりしない感じも残ったりして・・・まあそんなことをいっぱい感じさせてくれるステキな映画になっておめでとうございます。
(女性)

映画を見て思う事がたくさんあって、すぐにはまとまりませんが、人と人とのつながり、人がいて自分がいる事を強く感じました。私はパン職人になりたくて、そして今パンを作る場所にいて、そんな中で、結婚&出産をして、なんだかさとみさんが自分に見えていたりしました。なんだか想いが全然まとまりませんがとにかく色んな事を感じました。守るべきもの、守りたいものがある。それを常に想って生きていきたいです。そして何よりとっても大切なもの。それは家族と仲間です!!仲間にも恵まれ幸せでござる。
(女性)

そういえば、ドキュメンタリーというものを初めて見たんだなあと思いました。とても生々しいというか、生活が出ていて聡美さんの話している顔、ふとだまって考えている顔、あかりちゃんを見つめる顔。とても胸がぎゅっとなりました。色々な人に助けられて、支えられて生活してるんだなと。この映画が流れている時間、何してるんだろう・・・と考えちゃいます。
(女性)

仕事とは感謝のあらわれた形だなーと思っている時だったので、7年という映画のできる育まれる時間と仕事を通して強く感謝しております。生活のためのエネルギーを映画からもらってしまいました。頑張ります。どうもごちそうさまでした。
(男性)

とても「憧れの生活」という映像ばかりで素敵でした。普段見ることのできない器材や風景は興味深かったです。自分達の手で作った食品は格別においしいのだろうなと思いました。実際共働学舎に足を運んでみたいです。
(女性)

宮下さんご夫妻のやりとりがとっても好きでした。他に出てくる人も空気も野菜も牛もコーヒーも音楽も・・・ぜーんぶあったかくて幸せそうで、うれしい気持ちになりました。ありがとうございました。
(女性)

ありがとうございました。とても素朴で、普通の生活をずっと映しているのに、心が温かくなりました。皆が食堂でご飯を食べているシーンは、感動して涙があふれてきました。障害を持った方や色々な人の壁がまったく無く、心がほっこりしました。生きることは食べること、つくづく考えさせられました。じっくり、ゆっくり時間をかけて野菜を育てる、収穫する、皆で食べる。自分は面倒な事から離れている生活だなと考えさせられます。色々思いをめぐらせる事ができた時間でした。
(女性)

とっても幸せな気持ちになりました。ありがとうございます。素敵な空間と、おいしいごはんと、映画と、幸せをありがとう。今日たまたまeco villedgeについての講義を受けたばかりでしたので、共同生活について考えさせられる一日でした。自然体に生きることの大切さを感じました。
(女性)

生産者の顔を四季を通じて見ることができてとても面白かったです。人間らしく生きていきたい、という思いをそれぞれの好きなことで表現することで、あのいきいきした顔になるのだなと思います。個人的には、冬の生活も見たかったです。素敵に生きている人と出会って、元気をもらって、楽しい人生を過していきたいものです。
(女性)

私自身とはまったく別世界をみせてもらいました。ただ農業をするのではなく、仲間との協力もあり、それによって自分のプラスマイナスはないにしても、独立を考え始めたことへの葛藤。一日一日が聡美さんを強くさせているとも思われます。同じ女性として、母として、頭が下がります。あかりさんが小さいうちは学舎で仲間の手を借りられる方が、後々の聡美さんのためになると思います。でも、いつかは独立して成功してほしいと思います。ご夫婦で農業と酪農はとても大変だと思いますが、ぜひ続きがみられればうれしいです。
(女性)

今日は大好きなこの場所で、素晴らしい映画に出逢えたと思いました。よく雑誌などで「学舎」の事は記事で見て存在は知っていましたが、詳しくはわからなく、今日映画を通じて、そこに暮らす人々の事までも知ることができ、本当によかったです。山田さんの物語・・・色々な葛藤や喜びや暮らしっぷり・・・幸せな生活をしてると感じました。それは私も山田さんのような暮らしにあこがれてるからだと思います。映画祭の事も非常に気になりました。あたたかな素晴らしい祭ですね。N’DANAも出演して・・・山田さんのバンドも・・・音があり、食があり、命があり・・・自然と共鳴しあって、すごい。もちろん厳しい事もあると思いますが都会に暮らしていて忘れかけている思いなどを思いおこさせてくれる、そんな映画と思いました。ありがとうございました。
(女性)

どうもありがとうございました。日頃から丁寧に暮らしたいと思っています。映画の中で「丁寧」にも色々あると感じ。(もちろんですよね)改めて「丁寧に暮らすことを心がけよう」と思いました。あと、監督さんのバイタリティかっこいいです。これからも発信して下さい。
(女性)

続編が見たいです。あかりちゃんは幸せだな。自分の子育てでは、畑や土の上で遊ばせる事をしなかったので、孫が出来たらやってみたいと思います。頑張り過ぎず、かっこづけず、それでいて現代に一番忘れられている生きる力を感じました。自分を見失っていない聡美さんや宮下さん、素晴らしいです。彼らからは、私も今日からすぐ少しずつでも取り入れたい姿勢がありました。悶々と悩みながらも決して感情をむき出しにしない聡美さん、学舎の皆も聡美さんがいなくなったら大変。ご主人も加わって・・・楽しみ。
(無記名)

今日は見てよかったです。編集の作業はさぞかし大変でしたでしょうね。「9時間」の作品も見たかったです。残りの人生、いかに・・・と考え中です。心に残る映画でした。参考になりそうです。又新しいドキュメンタリーの作品をぜひお願いします。
(女性・60代)

今日はありがとうございました。映鑑のNさんのお誘いで来ましたが、今日は秋晴れの自然いっぱいの大沼・駒ケ岳に触れる、まずよかったと思いました。映画では聡美さんと赤ちゃんが草取りのシーン・・・印象深く残りました。それと、学校の前の大木が・・・。普段あまり考えずに食べたり生活したりしていましたが、自然との触れ合いを大切にして本当の豊かなものを求めていきたいと映画鑑賞の後、思いました。3月まで障害児と関わる仕事をしていましたので共働学舎の他の面も知りたかったとも思いました。乱筆で申し訳ありません。田代さん、どうかこれからもがんばってください。
(女性)

今日はありがとうございました。毎日仲間に支えられているという事、当たり前でなくいつもその事に感謝しながら過します。小さい頃から祖父母が農家であったため、今は他界し、やっていませんが、私もあの赤ちゃんのように畑と共に生活していたので、大変なつかしくなりました。
(無記名)

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用