空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その91 トロピカルツアー 与那国島 vol.27

2010年12月22日。晴れ。

彦根の奥田さんからの電話で起きた。

昼近くまで寝ていた。
だいぶ復活してきた。

天気も上々。

宿の近くの国境(はて)でお昼ご飯を食べた。

そして自転車で映画の宣伝にまわる。

与那国郵便局にもチラシを張ってもらった。
与那国民族資料館にも行ったが、誰もいなかったので、チラシとメモを置いてきた。


花ゆり工房。ここにもチラシを置いてきました。

中に入らせてもらう。

仲嶺綾美さんと敬一郎くん(2ヶ月)。

綾美さんは織物をしていた。

lここでは織物体験もできるそうだ。

この籠に敬一郎くんが寝ていて気持ち良さそうだった。

私もこの中で寝てみたい。

与那国役場。前を通りかかった中学生にも明日の上映のチラシを渡した。

パン屋さん、JAにもチラシを置かせてもらいました。


前原商店にチラシが張ってあったので、中に入ってご挨拶をした。

小学校と中学校です。

こういう日は、島を自転車でまわるのはいい。

坂を登りきったところに、Tシャツ屋さんがあります。one mahina(オネマヒナ)

店長の砂月(さつき)さん。

オリジナルTシャツなどを販売しているおしゃれなお店。

店の外のテーブルでコーヒーをご馳走になりながら、おしゃべりをした。与那国の黒糖もいただいた。

与那国の味だった。

砂月さんはほがらかな温かみのある女性だった。

高台にあるので眺めがよく、気持ちが良かった。

砂月さんに「さくら」への道を尋ねた。

坂をまっすぐ降りてパン屋さんを過ぎた一つ目の角を左へ。

そして5本目の道を右。

この坂を降りて、曲がらずにまっすぐ行くと、私の宿・おもろです。

砂月さんの言う通りに行くと「さくら」はあった。


魅力的なたたずまい。


さくらの稲川留美子さん。北海道出身。

コーヒーとおいしいりんごをご馳走になりながらひとしきりおしゃべり。

また、与那国で上映会をしたいと思った。

店の中も素敵です。

与那国ならではのモノをつくって売っています。

裏のトイレも素敵でした。

みーちゃん。

けっこう年がいっているそうですが、美猫です。

18:00過ぎ、宿に戻る。

夕食をいただく。今日は昨日の青年と二人。

まなみさんに「明日の朝食どうしますか?」と聞かれた。

私はいつも寝ていてまだ一度も朝食を食べていない。

考えていると、「ゆっくり寝てなさい。」とまなみさんは言った。

明日の朝もゆっくり寝る事にした。

いよいよ明日が上映だ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用