空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その92 トロピカルツアー 与那国島 vol.28

2010年12月23日。晴れ。

お月様と星がきれいな夜だった。
辺りが暗くなり始めた頃から、クリスマスのイルミネーションをのせたにぎやかな車が連なって島を走っていた。

子供たちへのクリスマスプレゼント。

子供は喜ぶだろうなあ。大人もウキウキするだろう。

上映中、上映会場横も通り過ぎていった。


上映会場受付にて。

左から、松田さん、まなみさん。年末の忙しい中、今回の与那国上映会を開催してくれた人たち。

感謝です!!ありがとうございました!

今日もゆっくり起きた。車で宣伝にまわった。

入波平酒造のテルミさんのところへ。

今年1月の営業の時に出会った人だ。

私が行くと、テルミさんは出かけていてちょうど帰って来たところだった。

相変わらず明るく楽しいおしゃべりをした。

今日の上映もダンナさんと来てくれるとのこと。

チケットを買ってくれた。

入波平酒造のテルミさん。

そして久部良の「カレー屋 ユキさんち」へ。

ここで、キャベツのカレーを食べながらユキさんとゆっくり話をした。

「今回の上映会は行けないけど、次回は行くから。」とユキさんは言った。

ユキさんは海岸で漂流物を採集してる。これはその採集物のタツノオトシゴ。

久部良からおもろのある祖内へ戻る途中。与那国馬。

15:00過ぎ、おもろに松田さんが迎えに来てくれて、会場の「どぅぐいわり」へ。

左から、どぅぐいわりのショウコさん、ツバサくん、アキヒロさん。

ショウコさんは与那国生まれ。

実家は旅館を経営している。

彼女は5年前に島に戻って来て、今年2月からこの店をオープンした。

アキヒロさんは大阪出身。準備の合間に色々話をした。

「次回の上映の時は、また協力します。」と言っていただき嬉しかった。

アルバイトの佐藤貴代さん。

神奈川県出身。与那国に来て3年。

会場入り口。

みんなで机や椅子を移動し、松田さんがプロジェクターとスピーカー、アンプをセッティングしてくれた。
今日から島では移動大学が開催され、松田さんはそれで大忙しなのだ。

あらかたセッティングが終わると松田さんは移動大学の方へ。

こまかな調整は私がやった。

石垣の時のノイズが出たら困るので、DVDを通しでかけてチェック。

石垣上映と同じDVDを使ったが今回は何も問題がなかった。

ということはやはり、機械の相性の問題だったということか。

音も画もなかなかよく調整できた。

宿のお客さんもある中、まなみさんが一番に来てくれて、受付など手伝ってくれた。
19:00を過ぎると、ぽつぽつお客さんがやって来た。

オネマヒナの砂月さんや、さくらのルミさんなども来てくれた。

私は昨日から宣伝に回って、色んな人たちと話しているうちに、次の与那国での上映のことをみんなと話していた。

オジイオバアの野菜を売ったり、料理して出したり、収穫祭みたいなのはどう?投げ銭ライブもいいね、野外上映はどう?などなど。
私はすっかり「トロピカルツアー2011」はやるもので、与那国でも当然上映するという頭になっていた。

与那国上映をまだしていないのに、私の頭の中はそうなっているのが自分でおかしかった。

20人ほどのお客さんが来てくれた。

年末の気ぜわしい時期に本当にありがたい。

クスクス笑いながら見ている人もいたので安心した。

上映後、5、4人の方が質問をしてくれてよかった。

今回の上映を第一歩にして、また違う形で与那国で上映をしたらきっと面白くなると私は思う。

ああー、これで1ヶ月に渡った「空想の森トロピカルツアー2010」は終わってしまった。
長いなあと思っていたツアーだったが、なんと面白くてピカピカした日々だったことか。

もっとここに身を置いていたいと切に思ってしまう。
連日、素晴らしい出会いの日々。

様々な事を感じ、南に暮らす人たちと少し近くなれた旅だった。

「次」へ向かっていく勇気を、出会ったみなさんからいただいた。
この旅でお世話になった皆さん、出会った方々に感謝いたします。

ありがとうございました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用