空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その11 原田将さん 滋賀・高島

滋賀県・木之元の富田酒造。
余呉から高島に向かう途中、富田酒造に寄った。ここの「七本槍」というお酒がおいしい。

 

2011年6月17日。

滋賀県高島市安曇川町の原田将さんのところへ向かう。

原田さんは2009年に大津のカフェテリア結で上映会をしてくた。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋の岩田康子さんを私に会わせてくれた人でもある。

原田さん一家。妻の麻利さんと娘の珠宇さん。

原田さんは最近高島で「結びめ」というところで働き始めた。

地域共生ビレッジをつくること、田舎暮らし体験施設の運営、都市と山里の交流プログラムの実施などをやっている。

そして去年の8月に大津から安曇川の一軒家に引っ越してきた。

居間からは田んぼ、その向こうには林が見えるとっても気持ちのいい家だった。
娘の珠宇ちゃんは、すっかり大きくなっていて、とてもよくしゃべる子になっていた。
私が原田家に到着し、おしゃべりしていたら、獅子舞がやってきた。珠宇ちゃんの頭をかぶっとかじった。
この町は妻の麻利さんの育ったところでもあり、麻利さんのご両親もそばにいて、なんだかいい感じで暮らしているようだ。

原田さんにインタビュー撮影。自分のやりたいことをまさに今やり始めている原田さんはとても頼もしい父ちゃんになっていた。

風結(かざゆい)。お試しで田舎暮らしを体験できる施設。

 

風結の前の田んぼ。原田さんたちが田植えをしたところだ。

 

立石善規さん・啓子さん。

原田さんは、風結の奥に暮らす立石さんの家に連れて行ってくれた。
立石さんご夫婦は、風結の奥に30年ほど前に移り住んできた。善規さんは陶芸家、啓子さんは染色家。

原発の話でひとしきり話す。

大間原発のことも話し、署名もしてもらった。
とても魅力的なご夫婦だった。

沖縄の与那国で知り合った陶芸家の山口さんと友達だったことを知り、またびっくり。世の中狭いものである。

原田夫婦にとって、立石さんご夫婦はよき先輩であり、よき隣人であるようだ。

この日の夕方、原田さんは、山梨県へ研修へと出かけて行った。
私は原田家に泊まらせてもらう。麻利さんとゆっくり話せて楽しかった。

2011年6月18日。
立石さんが「空想の森」に興味を持ってくれたので、持っている資料を渡しに、麻利さんと珠宇ちゃんと3人で立石さんの家へ。
話がはずみすっかり遅くなった。
立石さんの家を後にして、原田家を車で出発しようとした時、ハプニングが起こった。

側溝に車の右の前輪を落としてしまった。
やってしまった!麻利さんが立石さんに電話をかけ、そして車の仕事をしていたこともある近所のケンジさんに来てもらうことになった。

昨日風結に連れていってもらった時、ケンジさんは林で間伐をしていた。

原田さんの紹介で少し話をした人だった。

結構深い側溝。

しかも右の後輪も落ちそうな状態。

ジャフを呼んだ方がいいかなあと思っているところ、ケンジさんがやってきた。
ジーっと這いつくばって状態をよーく観察していた。

そしてジャッキを設置。

そうこうしているうちに、立石さんも、長い木の板やブロックなどを持ってかけつけてきてくれた。

ジャッキアップし、板を引いてゆっくりと車を前に動かし、見事車は救出された。
この二人の連携プレーは見事だった。

これを撮っておけばよかったのにと、後でケンジさんに言われた。

ほんと、そう思った。
本当に助かりました。

ありがとうございました。

またゆっくりと安曇川に来たいと思った。
次のインタビューを予定していた岩田康子さんに遅れる旨を電話し、ブルーベリーフィールズ紀伊國屋へ向かった。

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋

予定の時刻より40分ほど遅れて到着。

お店はランチのお客さんでにぎわっていた。

私もランチをごちそうになりながら、岩田さんと話す。

お互いの近況の報告と原発の話ですぐに時間は過ぎていってしまった。

ということで、6月23日に改めてカフェテリア結の方でインタビュー撮影をすることにした。

そして私は彦根へと車を走らせた。

琵琶湖が海のように大きく美しかった。

 

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用