空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その54 ラムヤート その3

2011年10月15日。
曇り、小雨、時々晴れ。
今日は函館に移動する日。

洞爺湖まで来たのだから、10月23日の広瀬隆さんの函館講演会を聞きに行くことにした。

野村さんに連絡し泊めてもらうことになった。

 

今野家の表札はない。玄関のドアに名前を書いている。ゴンちゃんの名前もあった。

 

家の中ではネコたちが気持ちよさそうに寝ている。

 

朝食の後、撮影をしながら朝のミーティングに私も参加。

移動の支度をしなくては、などと思いつつ、ベットでまた寝てしまう。
マスキくんが「田代さーん、コーヒー入りましたよー」という声で起きる。

 

 

客室の風景。

 

客室の風景。

 

地方発送についてのミーティングが始まった。

古株のあゆみちゃんが話し合いをリード。

よりよくできるようみんなで意見を出し合っていた。

みんなこの店に誇りを持ち、大好きなことが伝わってくる。

ラムヤートのスタッフ。左からチャイチャイ、ゴンちゃん、あゆみちゃん。

はな美ちゃんは、チャイチャイの背中で眠っている。

ラムヤート・今野満寿喜さん。

 

ラムヤート・今野美環さん。

 

ラムヤート・息子・ゆうら。

福島県の双葉町に暮らしていた自然エネルギーアドバイザーの坂上尚之さんがやってきた。

マスキくんが紹介してくれた。
坂上さんは20年かけて森を開墾し、小屋をつくり、太陽と風でエネルギーを自給し暮らしてきたそうだ。

奥さんはどんぐり料理をつくる人とのこと。
今、新天地を探している最中で、全国を歩いている。

その中で北海道でまた始めからやっていきたいという思いが強くなったそうだ。

今日は洞爺の物件をマスキくんが案内するという。
坂上さんはとても前向きでパワーあふれる人だった。

20年かけて築きあげたものを一瞬で台無しにされてしまい、そこに居られなくなってしまった坂上さんの気持ちは想像しようもない。
どれだけの人たちがこういう思いをしていいるのだろう。

 

ストップ泊原発のバッジ。1個300円。
間伐材を使って作ったそうだ。ラムヤートで販売していたので買った。

 

 

今日のおにぎり屋の店番はミワさん。

朝早くから米を炊きおにぎりをにぎる。

野菜の具が多くてうれしい。

 

おにぎり屋にて。ミワさんとゆうら。

ゆうらはまだ風邪が抜けず、本調子ではなかった。

でもしっかり食べているので安心。
やはり母ちゃんのそばにいたいみたいだ。

 

ラムヤートでパンを買ったお客さんに裏のおにぎり屋を紹介して、お客さんがやってくる。
おにぎり屋の前まで来て通り過ぎちゃうお客さんが結構多いんです。とミワさん。
そういう時はこっちからドアを開けて外に出て「いらっしゃいませー」って言うんです。

 

おにぎり屋のドアー。

店の中にはなぜか古い文房具もディスプレイされている。

私は方位磁石を買った。

 

これもマスキくんが拾ってきたものだろう。

 

電気のスイッチ。

店の外では青空市。

 

 

パンとおにぎりを買い、荷物を車に積んだ。

マスキくん、ミワさん、ゆうら、あゆみちゃん、ゴンちゃんにお礼を言ってラムヤートを後にした。

今回撮影に来て本当に良かった。

函館へ向か道すがら考えた。車の運転中は結構色々考えること多し。

10月23日は函館でつぶつぶ豆の会で原発カフェがある。

25日は洞爺湖でマスキくんたちの企画で大人の運動会がある。

それも撮影したいと思うと、まだまだ家に帰れなくなってしまう。

家に帰らなくてはできない事務仕事もたまっている。

それと、今までの撮影を振り返って考える時間も必要だ。

16日の広瀬さんの講演会が終わったらやはり一度家に帰ろうと思った。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用