空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その56 広瀬 隆氏講演会

広瀬 隆さん。
2011年10月16日。
函館市亀田福祉センターにて広瀬隆さんの講演会。
日曜の夜にもかかわらず、320人の人が集まった。
私は3.11以降、ネットで毎日のように広瀬さん関係のユーストリームなどを見ていた。
この講演会の実行委員のメンバーは大間原発訴訟の会の人がたくさんいた。
左から大間訴訟の会の代表の竹田さん、ピーター・ハウエルさん。
左が大間訴訟の会の森越弁護士。
左が大間訴訟の会の事務局の大場さん、その隣が野村さん、右が中森さん。
野村さんは司会。
広瀬さんの取材をする石川さん
札幌から小野有五さんもやってきた。泊原発の廃炉を目指す会のリーダー。
広瀬さんの講演の前に泊原発のことを話した。
広瀬さんは2時間半しゃべりっぱなしで、時に声をあらげ、ばっさばっさと切っていく。
一刻も早く、原子力発電所を止めたいと切に思う。
そのためにまず、原子力に関しての勉強し自分で判断できる知識を得ること、それと同時に、自分にできることをやっていくことが大事なことだと改めて思った。
しかし原発を止めても尚、危険な状態が続くことに違いはない。
そして、これから私たちはこの時代をどう生きていくのかということが問われてくるのだと思う。
広瀬さんはパワーポイントで写真や表をスクリーンに出しながら、飽きさせることなくすごいテンションで話をしていた。
自分の講演は2時間半では足りない、最低3時間は必要と言っていた。
野村さん。
竹田さんもご挨拶。
講演会の後の交流会。
交流会も20人くらいの人が参加した。
それぞれひとりづつ自己紹介などをして交流をした。
ずっと反原発運動をしていた人、3.11後に関わり始めた人、いろいろな人がいた。
森越さん。
私はまたビールを飲んだ。
野村さんは大事をとってお茶だった。
彼女が居酒屋でお茶をすすっているのが不思議な感じだった。
でも、今日の午前中はどうなることかと思ったので今晩はお酒を飲まない方がいい。
交流会はうおまさでやった。
ここのおかみさんも講演会に参加。広瀬さんの著書がさっそく店のピアノの上に置かれていた。
大場さんは相変わらず大好きなビールを飲みいい気分になっていた。

 

左から、野村さん、石川さん。

 

私と石川さんは野村家に泊まる。
竹田さんが車で送ってくれた。
竹田さんも大間原発の講演で飛び回っていて多忙を極めている。
みんな3.11以降、怒涛の日々が続いている。
体の疲れもたまりにたまっているはずだ。
野村家に帰り、結局3人で2時ころまで話してしまう。
話が尽きない。

One Response to “撮影報告 その56 広瀬 隆氏講演会”

  1. 1
    相馬博:

    先日私も広瀬さんの青森講演と懇談会にも参加しました。大間原発、私も絶対許しません、しかし、私の住む青森県の人達は本当に他人事の人がとても多いところです。六カ所村・大間・東通り原発周辺の人は本当に補助金欲しさの強欲まみれの人ばかりです!県知事も市長も村長もみんなアホばっかりです!函館の人ばかり大間原発反対にがんばってるのが目立つので本当に青森県人として情けない限りです!

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用