空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その79 日本海の上で ~苫小牧から敦賀へ~


日本海にて。

 

2011年12月13日。

よく寝た。

しかし、どっと体の疲れを感じた。

11月22日からの旅で、今回も濃い日々送っている。

フェリーのお風呂。

風呂に入ったり、また寝たりゆっくり過ごす。

午後、奥本さんから電話が入る。

大阪の昆布の土居さんに連絡してくれて私を紹介してくれた。

電話が通じるので早速、土居さんに電話をかけ、取材・撮影のお願いをした。

快く承諾してくれた。

土居さんとひとしきり話をしてなんだかとっても親しい気持ちになった。

師走の忙しい時期にすいませんと言うと、これは大事なことですからと言ってくれた。

そしてまた私は奥本さんに電話した。

奥本さんも喜んでくれた。

山田農場のあゆみちゃんにも電話をかけた。

土居さんの話の他、これから誰もが少しでも自分で食べ物をつくっていかなくてはいけない時代になるのではないかという話、道南でも昭和30年頃まで、各集落で完結した暮らしをしていた話などをした。

そういう経験をした人の話を聞くこと、それを自分たちが受け継いでいくことも大事なことだと思うとあゆみちゃんは言っていた。

杉原厚子さん。

20:30。無事敦賀港に到着。

これからお世話になる杉原厚子さんのお宅へ。

杉原さんは87歳。教員をしていた人だ。

家に入るなり、明日からの予定を話し出した。

せっかく北海道からくるのだから、色んな人に会ってもらいたいし、色んなところを見てほしいと杉原さんは考えていて、私に敦賀滞在をのばすようにと10日ほど前に電話がかかってきたのだった。

私はせっかくなので3日ほど滞在をのばすことにした。

杉原さんは、原発のこと、戦争のことなど、いつものように話し出した。

この話をキャメラで記録したいので16日にしっかりお話をきくことにした。

そして寝た。

体の疲れがどっとでた。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用