空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その95 2012年2月 東京にて


さくら共同法律事務所がはいっているビル

 

2012年2月4日。

奥田さんはこの日の午後から開催されるびわ湖集会に参加するため、早朝滋賀へ向かった。(その報告はこのHPに掲載している)

私と野村さんは、河合弁護士の事務所・さくら共同法律事務所へ。

弁護団会議に遅れて参加。

帝国ホテルの横の高層ビルの中に河合さんの事務所はあった。立派な事務所だった。イスがとても座心地がよかった。

会議が終わり、昼食をこのビルの地下でみんなで食べた。

さくら共同法律事務所のビルを出ると、こわい顔をした若い警官が木の棒を持ち、ビルを背にして道路の方を向いて仁王立ちしていた。

道路際には機動隊をのせた警察の車が止まっている。

何かあったのかと思い、私は恐る恐る立っている警官に何をしているのかを尋ねた。

するととたんににっこりと柔和な顔になり、おだやかに説明をはじめた。

ここは官庁が集まっていて皇居も近いので、何かあってもいいように待機しているとのことだった。

写真撮ってもいいですかと聞いてみたら、個人的にはいいのですが、職務上だめなんですと言った。

帝国ホテルからの眺め

それから私と野村さんは、せっかくだから隣の帝国ホテルでお茶でもしようということになった。

石川さんもここで合流。

ホテルの中に3か所カフェがあった。

私たちは眺めのいい上の方のカフェに行くことにした。

石川さん

カフェはたくさんの人でにぎわっていた。

私はお腹がいっぱいなので紅茶をたのんだ。

野村さんは泡がなめらかだという生ビール、石川さんはケーキセット。

 

野村さん

 

帝国ホテルを堪能して、私たちは銀座に向かった。

映画を見るか、文房具屋に行くかなどと話していた。

結局、ぶらぶらと歩きながら文房具屋へ行った。

歩行者天国だった。

私は文房具が大好きで、その話を野村さんにしたら彼女も大好きで、東京に行ったら、ITOYAへ行きましょうと話していたのだ。

ITOYA。また行きたい。

私は初めてのITOYA。楽しかった。

野村さんとこのノートがいいだの言いながら、ノートの階に2時間近くもいた。

疲れた石川さんは階段の近くのイスで寝て待っていた。

いろんな種類の事務イスが並べてあって座り心地を確かめられるし、休憩所にもなっている。

私たちもようやくノートを品定めし、椅子に座って休憩。

そしてお腹がすいてきた。

また銀座を三人でぶらぶらと歩きながら、店を探した。
中華料理の店に入り、餃子、炒めもの、野菜サラダ、ラーメンを注文。これが結構おいしかった。

洗濯船の前にてみんなで記念撮影。通行人の男性に撮ってもらった。

そして、今夜も新宿ゴールデン街・洗濯船に向かった。

道新の東京支局の栗山さん、札幌支局の岩本さんも来る。

彼らに会うのは久しぶりだ。

「空想の森」の東京上映の時、取材してもらったのが縁で、私が東京に出るといっしょにご飯を食べるようになった。

岩本さんは札幌支局へ転勤になったが、今回たまたま、仕事のついでに東京に寄ってくれることに。

左から栗山さん、私、ゆっこさん

それから、これまた道新の黒田さん。

函館支局から東京に転勤になったばかりだった。

転勤直前、私は黒田さんとパザールバザールでお会いしていた。

それから加我さん。彼女は帯広で働いていて、映画祭で知り合った。

そして今は東京でテレビの番組制作の仕事をしている。

そして函館の野村さん、石川さんと私で総勢7人が今日のメンバー。

私たちが洗濯船に着くともうみんなカウンターに座って飲んでいた。

お店は大賑わいだった。

二階が空いたので移動した。

みんなで楽しく飲んでしゃべった。

岩本さんが仕切って、一次会は終了。

加我さんと黒田さんは帰宅。

2件目はすぐ近くの、焼き物がおいしい店へ。

ほんとうにうまかった。

ここで朝の4時頃まで飲んで食べた。

なんだかとても楽しい夜だった。

 

2012年2月5日。

朝11時にチェックアウト。

私と野村さんは荷物をホテルに預けた。

そして新宿駅方面に3人でぶらぶら歩く。

 

新宿・ビックカメラの前にて石川さんと。

お腹がすいたので、駅の近くの喫茶店に入る。

静かでコーヒーもおいしいなかなかいい喫茶店だった。

三人でまたっりとしている間に石川さんの飛行機の時間がせまってきた。

ビックカメラの前で石川さんと別れた。

池袋からこのような道を歩いていく。

そして私と野村さんは池袋へ向かった。

フランクロイド設計の明日館へ。

ここは前から見てみたいと思っていたところだった。

野村さんは建築が好きで、以前ここに見に来たことがあった。

婦人の友社

池袋も少し歩くと静かな住宅街だった。

まず婦人の友社の建物があり、そこを少し行くと明日館があった。

明日館

 

思っていたほど大きな建物ではなく、シンメトリーで妙に安心感があった。

この日は結婚式が行われていて中には入ることはできなかった。

校庭の脇の道沿いに植えてある桜の大木がとても存在感がある。

購買部で絵ハガキなどを買う。

道を挟んだ建物ではピアノの発表会の最中だった。

晴れの服を着たかわいい女の子が外に出てきた。

こんな建物がたくさんあったら、どんなにあたたかく潤いのある町になるだろうと思った。

明日館を堪能して、また池袋駅へ歩く。

私も野村さんも疲れがどっと出てきた。

そして駅の中の喫茶店で休んだ。

2月6日に決まった象設計集団の富田玲子さんのインタビュー撮影は、野村さんが富田さんに会いたいと言うことで一緒にいくことにした。

富田さんのインタビューのことで私は頭がいっぱいになってきた。

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用