空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その97 ザマーズ 池田敦子さん、須藤瑛子さん、田口敦子さん

ザマーズ。左から田口敦子さん、池田敦子さん、須藤瑛子さん。

 

2012年2月12日。

ザマーズとは、池田敦子さん、須藤瑛子さん、田口敦子さんのこと。

時によって増えたりもするが、元祖はこの三人娘だ。

神奈川県座間市在住。

どこの組織にも属さず、米軍基地反対運動をしている。

辺野古、韓国などにも出かけていき、座り込みやデモなど、精力的に活動している。

 

辺野古でドキュメンタリー映画を撮影していた藤本さんと、座り込みに来ていたザマーズが出会ったのが5,6年前。
そこで、ザマーズが新得・宮下さんの20年以上前からのお客さんだったことが判明。

 

それからザマーズは空想の森映画祭に毎年参加するようになった。

映画もしっかり見るし、たくさんビールを飲むし、スタッフとして賄いの食事などをまかされ、映画祭には欠かせない存在になっている。

筋が通った元気のいい女性たちだ。

 

「空想の森」の製作中から応援してくれていて、完成してからも何度も映画を観てくれている。

 

小田急線・座間駅からほど近いところで、須藤さんが「エプロン」というお弁当屋さんをやっている。

ここがインタビューの場所。
以前遊びに来た時も、ここでたくさん食べて飲ませてもらった。

 

昨年12月9日の大間原発訴訟の裁判に、ザマーズは函館まで傍聴にきてくれた。

そしてその後、函館で楽しい時をいっしょに過ごした。

だから今回はあまり久しぶりと言う感じではなかった。

 

三人それぞれが手料理をつくってきてくれた。

春巻き、太巻き、大根サラダ、韓国料理などなど、テーブルいっぱいに料理が並んだ。
みんな料理上手なのだ。

もちろんビールなど酒も用意していた。

私が撮影しようとすると、まず食べてから、食べてからとザマーズが言う。

そうするとまったく撮影できなくなると思い、食べるまでは撮影をした。

 

どれもとてもおいしかった。

ビールもすすんだ。

食べながら色んな話にとんだ。

ザマーズは昨日の2月11日、代々木にデモに行っていた。

そして今日、こうして料理をつくって集まってくれた。それだけでもありがたかった。

 

案の定、みんなお酒も進み、もう撮影はいいでしょう、ということになった。

私もあきらめて、本格的に飲んで食べてしゃべった。

ザマーズから今日もたくさん力をいただいた。

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用