空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

新作撮影報告 その104 再びのハル小屋上映会

ハル小屋

 

 

2012年3月7日。

聡美さんも5時ころ起きて家に帰っていた。

親方とおかみさんも、もう出かけていた。

休みの日も朝早くから行動するのだなあ。

 

親方宅の居間からの眺め

 

残った野村さん、石川さん、私。

洗い物など片付けて、昨晩の残り物で朝食。

コーヒーは私が落とす。

 

親方の家は空間が広くてほんと気持ちがいい。

今回の上映会を企画してくれた野村さん、ハルエさん、石川さん。

今日は午後から「空想の森」の上映会。

野村さんたちが企画してくれた。

 

私は早めに、ハル小屋へ向かった。

ここもすごい雪、雪、雪。

しかもズブズブ。

私の四駆の車でもやっとという感じだった。

 

このひどい道路状況で果たして人は来てくれるのだろうかと心配になる。

 

上映会場を提供してくれたハル枝さんはいつものように元気だった。

ハル小屋での上映は2回目。

中にに入ると、もう上映機材はセットされており、スクリーンが前より大きなものになっていた。

こたつも用意されていてなかなかいい雰囲気になっていた。

私は早速本篇DVDのチェックをした。

野村さんと石川さんもやってきて、こたつでお昼ご飯をいただいた。

 

そしてボチボチお客さんがやってきた。

あゆみちゃんもハルサクを連れてやってきて、10人ほどの人たちが来てくれた。

子どもを連れて来た人も何人かいた。

この道路状況で来ていただいてありがたかった。

 

上映は、はじめは何事もなかったが、30分くらいたって、映像が止まったりするようになった。

それでも何とか進んだが、相性が悪いのかと思い、後半から違うDVDに変えて上映してみたが、こちらも時々映像が止まったりした。

それがほんとに申しわけなかった。

DVDの場合は、事前に上映する機材で全編再生して確認する必要があると思った。

後で他のプレーヤーで同じDVDを上映したら何も問題がなかった。

やはりプレーヤーとの相性が悪かったようだ。

冷や冷やしながらも何とか無事上映が終わった。

残った人たちでこたつに入って私が今まで取材・撮影してきたことなどをお話をした。

こじんまりした上映会もなかなかいいものだ。

 

そして会場の片づけをして、ハル小屋を後にした。

野村さん、石川さんと温泉に入ってから、野村家に向かった。

 

野村さんが手早く夕食をつくり、みんなで夕食をいただく。

明日は弁護団会議だ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用