空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

新作撮影報告 その105 ベイ子の物語  山田農場

ベイ子

 

今回山田農場に滞在していて、とても感動したことがあった。

今思い出したので記します。

 

山田農所には2頭の牛がいる。

ベイ子とメイ。

ベイ子は圭介さんが前に勤めていた新得共働学舎から連れて来た。

山田農場の初めての牛で、圭介さんとあゆみさんと苦楽を共にしてきた。

 

メイ

そしてベイ子の娘のメイは、山田農場で生まれて育った牛。

去年の春、無事に初めての子どもを産んだ。

 

当初、山田農場は牛をメインでチーズをつくっていこうとしていた。

その環境が整うまで、扱いやすいヤギを飼い、チーズをつくることにした。

そのヤギのチーズがとてもおいしくできるようになりお客さんもついた。

 

今後のことを考えると、大きな牛を飼ってたくさんのエネルギーを使うより、人間と同じくらいの大きさのヤギで農場をやっていこうと、

圭介さんとあゆみちゃんは考えるようになった。

 

メイはこの農場で生まれた牛なので、最後まで面倒見ようという心づもりをしていた。

そしてこの春、圭介さんとあゆみちゃんは、ついにベイ子を売る決心をしていたのだった。

 

牛を売る時、種をつけていないと高く売れない。

圭介さんたちもベイ子に種つけをしているものの、なかなか種がつかない。

そんなベイ子の頭をなぜながら、圭介さんは言ったそうだ。

「お前、最後までここにいるかー?」

すると間もなく種が付いた。

 

「ベイ子、ここにいたかったんだね。」

ということで、ベイ子は最後まで山田農場にいることになった。

「きっと長いぞー。のんびりしてるもんなー。」

と圭介さんは嬉しそうに言った。

 

 

ベイ子はここにいたかったんだ。

だから妊娠しなかった。

そして圭介さんとあゆみちゃんも、本当はベイ子を手放したくなかったのだ。

山田農場にとっても牛はもちろん経済動物だけど、それだけではない。

こういう関係もあるんだなあ。

 

「ベイ子、よかったねー!」

もぐもぐエサを食べるベイ子に私は声をかけた。

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用