空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

新作撮影報告 その107  わっか祭 中富良野 その1

中富良野へ向かう道中の月がきれいだった。

2012年3月10日。

函館から中富良野へ移動。

中富良野のわっか祭という映画祭が3月9日から開催されている。

今回が第一回目。

有志で立ち上げた映画祭だ。

嬉しいことに、その最終日に「空想の森」が上映されることになった。

 

昼前に函館を出発。

中富良野は遠かった。

会場の「ぬくもり庵」に到着したのは19:00近かった。

上映会場

昔の木造の小学校の建物で、会場は体育館だったようだ。

中に入ると上映中で、結構たくさんのお客さんが観ていた。

新得のいんであん一家の姿もあった。

とても温かい雰囲気の会場だった。

わっか祭を立ち上げた矢島弘子さん

 

上映が終わると主催者の矢嶋さんがご挨拶。

お客さんに映画の感想などを聞いたりした後、私を紹介してくれた。

私はご挨拶をして、今撮影している映画のことなどを少し話した。

 

そして、ぬくもり庵のすぐ横の昔、教員住宅だった矢嶋さんのお宅に入った。

映画祭の期間中、ここがスタッフの宿となっている。

私も今晩お世話になる。

フランス人のティボ、東京から土日を利用して映画祭を手伝いに来た高校3年生のダリと舜。

そして、まかない料理担当の八木橋さんが今日のメンバーだ。

 

八木橋さんとティボが夕飯を作っていた。

彼は料理も大好きで、カレーをつくっていた。

ダリ

高校生のダリと舜はなかなか面白い子だった。

ダリが年末に富良野で矢嶋さんにあったのが運のつき。

友人の舜を誘い、映画祭のスタッフを手伝いに、汽車で東京からやってきた。

すごい行動力だ。

 

ダリは高校で写真部に入っている。

いつもキャメラを首からぶらさげていた。

映画や写真の話などをして、とても面白かった。

若者たちがいて何だか活気があって、私は疲れも吹き飛んだ。

矢嶋さんも初めての映画祭の張りつめた中だが、何だかとても楽しそうだった。

みんなで食べる食事はおいしかった。

ティボ

ティボは日本語が流暢だ。

アジアの映画が好きで、将来はアジアの映画をヨーロッパに紹介するような仕事をしたいとのこと。

そのティボがスタッフ試写で観た「空想の森」をえらく気に入ってくれていた。

そんなこんなで夜遅くまで話し込んだ。

スタッフの宿舎。居間にて。

ティボは映写係、ダリと舜は受付を担当している。

明日は映画祭最終日。

「空想の森」の上映だ。

とても楽しみになってきた。

 

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用