空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その118  第6回大間原発訴訟口頭弁論

2012年6月6日(水)。
撮影に出かけると、だいたい1か月、長い時はそれ以上。
めいっぱい撮影をして、そしてヨロヨロになって帰ってくる。
そんなこの一年。
そしてまた函館へ車を走らせる。
約8時間のドライブ。
思えば函館で私は原発問題に出会い、
人に出会い、
そして勉強させてもらっている。
夕方、野村家到着。
久しぶりというわけでもないが、野村さんの手料理を食べながら話をする。
なんと気がついたら朝の5時。
早く寝ようね。
とお互い言っていたのにもかかわらずだ。
2012年6月7日(木)。
午後から弁護士会館にて弁護団会議。
明日、6回目の大間原発の口頭弁論。
今回から裁判体が変わり、新しい裁判官の初めての裁判になる。
今までのおさらいの意味も含め、中野先生が50分にわたる大間原発の危険性のプレゼンテーションを担当する。
大間原発建設は発電のためにつくるのではないことは明白だ。
今、日本は45トンのプルトニウムを保有している。
核拡散防止条約で日本は核兵器の保有を禁じられているため、
『商用』原子炉の燃料とする以外に軍事物資であるプルトニウムを保持することは問題になる。
プルトニウムを消費するためにウランにプルトニウムを混ぜた通称『MOX燃料』を燃料とする商用原子炉を運転することが必要になってくる。
安全性、経済性などは二の次になっている。
途中、彦根のオクちゃん(奥田好香さん)が合流。
大間の裁判の傍聴、あさこはうす、山田農場を見たいとやってきた。
パザールバザール。
函館に行ったら必ず食べに行きたくなる。
野村さん、オクちゃんとパザールバザールで夕食。
あいさつをする竹田代表。
2012年6月8日(金)。
お昼頃、3人で野村家を出発し弁護士会館へ。
今回も大勢の人たちが傍聴にやってきた。
遠くからわざわざ来た人もけっこういた。
いつものように弁護士会館から裁判所まで横断幕を持ってみんなで行進。
裁判所へ入っていく人たち。
そして私もキャメラを持ったまま傍聴券の抽選に並ぶ。
私は一度もこの抽選に当たったことがない。
原告の場合は原告席があるので、この抽選にもれてももう一度抽選のチャンスがある。
それでも、せっかく来たのに裁判を傍聴できない原告がいる。
原告が入れないなんておかしい。
裁判の度に私はいつも思う。
記者席がけっこうたくさん設けられていて、その席がいくつか空いていることが多い。
これ、本当にもったいない。
彦根から来たオクちゃんは原告席に無事座れた。
私は傍聴席になんとか座れた。
新しい裁判官は3人とも若い感じだった。
冒頭、河合弁護士がなぜ日本に原発をつくってはいけないのかを、
パワーポイントで図や表を見せながら、
張のあるよく通る声で話をした。
意見陳述は、訴訟の会代表の竹田さんと大間在住の佐藤さん。
竹田さんの言葉は心に沁み込んでくる。
そして中野弁護士のプレゼン。
中野さんも歌を歌っているだけあって、よく通る声。
大間原発の危険性がよくわかる内容だった。
そして今までの裁判では、原告が危険性を立証するという前提であったが、
原発においては被告が安全性を立証するべきだと中野さんは主張した。
私はその通りだと思った。
弁護士会館で裁判報告会。
原告、弁護士などで寿司屋で夕食。
私は今まであまり話したことがなかった白弁護士、内山弁護士とおしゃべりした。
弁護士の人たちもそれぞれ個性的で面白い人が多い。
まずは裁判が終わった。
これから長い撮影が始まる。
2012年6月9日(土)。
午前中、野村さん、オクちゃんと函館の教会にて脱原発国際交流函館アクション&国際脱原発記者会見に参加。
山北君はタイコをたたきながら歩いていた。
午後、オクちゃんと二人でバイバイウォークに参加。
夕方、野村さん、オクちゃんと3人で親方の家へ。
この日の食卓。
おいしいお酒・お料理を楽しみながらみんなでおしゃべりをする贅沢な時間。
この日、私は誰よりも早く10時台に寝てしまった。
何だか眠くて少し横になろうと二階へ上がったらそのまま朝まで寝ていた。
その後、親方、そして野村さんと次々寝てしまい、
オクちゃんとおかみさんが夜中の2時まで話ていたそうだ。
翌日、親方もおかみさんも休日だった。
明るい時にゆっくりとこの家で親方とおかみさんと過ごしたのは初めてかもしれない。
ぽってりした黒の土鍋で野村さんがご飯をたいた。
この鍋で初めてご飯をたくという。
野村さんは途中で蓋を開けて米の状態をみて火や時間を加減していた。
なかなかワイルドだった。
みんなでワクワクしながら出来上がりを待った。
そのご飯のおいしかったこと。
みんないっぱいご飯を食べた。
それ以来、親方がこの土鍋でご飯をたいているという。
親方はとても上手に炊くのよ。
とおかみさんが言っていた。
さすが山男だ。
山田農場
2012年6月10日(日)。
午後、オクちゃん、野村さんと3人で山田農場へ行く。

 

2012年6月11日(月)。

 

オクちゃんと大間へ渡る。
私が大間を案内することに。
快晴。
オクちゃんは船からイルカを見たそうだ。
まず本州最北端の大間崎へ。
キャメラを持たずに大間へ来たのは初めてだ。
お土産屋さんなどゆっくり見て回った。
オクちゃんはお土産物屋のおばちゃんとの会話を楽しんでいた。
お昼はオクちゃんの好物の海鮮丼を食べた。
山本さんの家にも遊びに行った。
山本さんは漁でいなかったけど、朱美さんとひとしきりおしゃべり。
小さなツブをひとつひとつとって楊枝に刺す。
どれだけ手間がかかっているのだろう。
帰り際、朱美さんがとってきてゆがき、
4つずつ爪楊枝に刺したツブをたくさん持たせてくれた。
これが本当においしい。
オコッペの丘から見る大間原発。
この日も函館が見えた。
原発を監視する人なのかと思いきや、猛禽類の調査だった。

 

 

大間原発がよく見えるスポットを何か所か案内した。
あさこはうすへ行く道。
そしてあさこはうすにも行く。

 

2012年6月12日(火)。

 

あさこはうすにて
小笠原厚子さんと連絡がとれて、あさこはうすで会うことになった。
厚子さんは敷地を案内してくれた。
そしてあさこはうすのデッキに腰掛けて3人で話をした。
今の状況、これからの構想などを話してくれた。
オクちゃんはあさこはうすで厚子さんと会えてとても嬉しそうだった。
仏が浦
それから仏が浦へ観光。
面白い形の岩がたくさんある。
2012年6月13日(水)。
朝の便で大間から函館に戻る。
さとみさんと憲一さん。
そして大沼のあかり農場へ。
「空想の森」の上映会で出会い、その後何回も上映会を主催してくれたオクちゃんが、
主人公のさとみさんに初めて会った。
お昼ごはんをご馳走になった。
豚のハツの炒めものが絶品だった。
オクちゃんもおいしいおいしいといっぱい食べていた。
こなひき小屋にて。
この日聡美さんは午後からバイトだった。
いちごジャム。
そして七飯のこなひき小屋に寄りパンを買った。
バイトで来ていたさとみさんとまた少しおしゃべり。
こなひき小屋

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用