空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その119 大間へ

2012年6月15日(金)。

函館港から朝の船で野村さんと大間へ渡る。

 

 

16日は大間マグロック・原子力資料情報室の澤井さんの学習会。

17日は現地反対集会・デモ(30年ぶりだという)。

そして山本さんのインタビュー。

これが今回の撮影の予定だ。

 

 

大間港に着くと奥本さんが迎えに来てくれていた。

今年の大マグロックはここでやる。

早速、奥本さんの案内で大マグロックの現地の確認に行った。

今年はあさこはうすの敷地ではなく、一坪地主の敷地で開催する。

大間原発反対の大きな看板が立っているところだった。

奥本さんと佐藤さんの二人で草刈りをしたとのこと。

 

前の場所よりだいぶ狭い感じがした。

今日は天気も良く、海がきれいに見えた。

 

原発敷地の境界には有刺鉄線の柵。

そこには監視カメラがたくさん備え付けられている。

それに加えて、二人の監視員が一定の距離をおいて私たちを監視している。

初夏の陽射しの中、私たちは地べたに座って三人で話をしたが、やっぱり妙な感じだった。

 

 

この辺りからデモ行進がスタートする。

それから駐車場の場所を確認して、そしてデモのコースを案内してもらった。

なんせ私一人での撮影なので、どこをねらって撮影するか、車をどう使うかなど、よく考えなければいけない。

 

そしてお昼ご飯を3人で食べて、奥本さんと別れた。

忙しい中、案内をしてくれて本当にありがたかった。

 

 

それから私と野村さんは宿にチェックイン。

そして二人で山本さんの家に遊びに行った。

朱美さんはまた私の好物のツブと梅干しなどを出してくれた。

山本さんも漁から帰って来ていた。

 

 

去年の11月、大間で25年ぶりにやった学習会はとても少ない参加者だった。

 

今回はどのくらい大間の人がきてくれるか、山本さんはとても気になっているようだった。

 

 

大間原発はどんなものなのかを知ってもらいたい人に、チラシを直接渡して来てなと声をかけているという。

 

 

ぎりぎりまでチラシ配りをすると山本さんは言った。

 

山本さん。

 

デモは行かれないな。と山本さん。

原発関係で働いている兄弟・親戚も多く、身内でも原発の話はできないそうだ。

その関係を絶つことにもなりかねないからだ。

 

改めて原発立地・大間の人たちの重い心を垣間見た。

今までもどんな思いをしてきたのだろう。

 

 

ひとしきり話をしておいとました。

 

コンビニでビールとつまみを買って宿に帰った。

私はデモの撮影のことをずっと考えていた。

風呂に入り、夕食。

そして部屋に戻り二人で飲む。

この晩、野村さんは気持ちよさそうにクイクイと飲んでいた。

いよいよ明日、大マグロックと学習会だ。

 

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用