空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その123 小出裕章さんの講演会 in 函館

 

2012年6月23日(土)。

今日はいよいよ小出さんの講演会だ。

野村さんやパザールパザールに國立さん、トモカちゃん、山田農場のあゆみちゃん、加藤さん、こなひき小屋のおかみさん、ハルエさん、などなど、たくさんの人たちがこの講演会の準備をしてきた。

初めて行く会場なので早めに行こうと支度をしていたら親方から電話がきた。

大沼方面のパンの配達の後、私をピックアップしてくれて親方と会場に一緒にいくことになった。

よかったー!交流会でお酒が飲める!と私は嬉しくなった。

 

11:30過ぎ。親方が時間通りにやってきた。

機材を積み込み、会場へ向かった。

今日の小出さんの講演会は代表者二人が質問することになっていた。

それがあゆみちゃんと親方だ。

食べ物に携わる人たちの気持ちをみんなで共有したいという、この会の言い出しっぺの野村さんの想いがこめられている。

 

会場に到着。

体育館のような広い会場。500人ほど入る。

靴をぬいで出入りする。

左からハルエさん、オカダさん。

大勢のスタッフの人たちが、すでに準備を始めていた。

聡美さん。

ハルエさん、岡田さん、佐々木さん、丸山さん、聡美さんたちは受付周りの用意をしている。

山田一家。

圭介さん、松浦さんは、お客さんにスリッパを渡す係。

左から野村さん、あゆみちゃん。

野村さんはあゆみちゃん、親方と打ち合わせ。

親方とユウサクとコウサク。

 

会場の中はすでに椅子が並べられていた。

左から野村さん、國立さん。

國立さんは全体の流れを見ながらこまごまと働いている。

 

トモカちゃん、エリーは物販。

竹田さんは大間原発関係のコーナーをつくっていた。

 

正面には大きなスクリーンがさがっていた。

加藤さんがパワーポイントの機材をセッティングしていた。

私はその後ろに三脚を立てることにした。

 

機材を運び込み、早速セッティング。

そして手持ち用のキャメラで準備の撮影を始めた。

野村さんが小出先生といっしょに会場に入ってきた。

撮影をさせていただきますと、ご挨拶をした。

小出さんはよく通る声でよろしくお願いいたしますとにこやかに言った。

会場は420人ほどの参加者で埋まった。

機械の調整に手間取り、少し遅れて講演は始まった。

私は東京でも小出さんの話を聞いていて今回で2回目だった。

1950年代から私たちはいかに放射能に汚染された世界に生きていたのかがよくわかった。

そして福島の事故。

汚染されていない所など、どこにもない

私たちは放射能の中で生きていかなくてはいけない。

ということが改めてよくわかった。

私は手持ちキャメラで小出さんや、あゆみちゃん、親方、野村さんなどを撮影した。

 

小出さんの話が終わり、代表のあゆみちゃんと親方が用意してきた質問をした。

その答えで印象に残ったこと。

「私が測れば必ず放射能は検出されます。」

と小出さんはきっぱりと言った。

その上で、子どもと第一次産業を守っていきたいと。

放射能と共存しなくてはいけなくなった世界の中で、人それぞれ、その人の世界でやるべきことがある。

自分の話にこれだけの人が聞きにきてくれるのは福島の事故があったから。

だから嬉しいとば言えない。

と小出さんは言った。

本当にそうだよな。複雑な気持ちなんだろうなと思った。

 

無事に講演会が終わった。

たくさんの人が参加してくれて、そしてたくさんのスタッフが関わってくれて、野村さんはさぞかし嬉しいことだろうと思った。

 

撤収をして、あゆみちゃんと聡美さんといっしょに親方の車にのっけてもらい、打ち上げ会場へ向かった。

 

会場には40人ほどの人が集まっていた。

料理はこなひき小屋のおかみさんのランチBOX。

あゆみちゃん、大場さん。

それから山田農場のチーズ、瀬棚の村上さんの豚肉などなど、地元の心のこもったお料理が並んだ。

私は撮影の支度をしてきて撮る体制でいた。

國立さんの司会でなごやかに会が始まった。

乾杯までまだ時間がかかりそうだったので、とてものどが渇いていた私と大場さんは、一足先に小さく乾杯をした。

ビールがとてもおいしかった。

 

おかみさんがこの日のためにつくった料理の説明をした。

そして小出先生もやってきて、みんなで乾杯をした。

ナオコさん、おかみさん、ハルエさん。

BOXはキッシュなど何種類ものおかずが入っていておいしかった。

おかみさん、手間暇かかったろうなあ。

親方、村岡さん、竹田さん。

私は色んなと話をしながら食事を楽しんだ。

 

野村さん、小出さん。

野村さんに手招きされて小出先生の横に行った。

小出さんも野村さんもいい調子で飲んでいた。

なにやら美味しそうな一升瓶がドンとおいてあった。

お酒の好きな小出さんのために用意したものだった。

そして見覚えのある塩うに、つぶもお皿に並んでいた。

朱美さんからお土産でいただいたものを野村さんが小出さんに食べてもらおうと持ってきていたのだった。

ニコニコしながら小出先生が日本酒をついでくれた。

とっても楽しそうな顔をしていた。

ほんとうにおいしいお酒でクイクイ飲んだ。

小出さんは各地でこうしてお酒を飲みながら、交流することが一番の楽しみなんだろうなと思った。

そして野村さんが小出さんとのツーショット写真を撮ってくれた。

佐藤国男さんが歌を歌ったり、詩を読む人がいたり、素晴らしい交流会だった。

小出さんとトモカちゃん、國立さん。

私は食べて飲んでしゃべっていたが、途中少し撮影させてもらった。

最後に全員で記念撮影をした。

美味しくて楽しい交流会だった。

 

そして私はおかみさんの車にのせてもらい親方宅へ帰った。

おかみさんは交流会では飲めなかったので、家に帰ってから私と二人でまたビールで乾杯した。

撮影もあと山田農場を残すのみとなった。

あとひとふんばりだ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用