空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その128 昆布漁 道南・南茅部・川汲 その2

 

2012年7月26日(木)

3:30
起床。

辺りはまだ暗いが、天気は悪くなさそうだ。

3:40 車に荷物を積んでいたら、純一さんもやってきた。

2台で港に向かう。

 

 

途中、濃霧で私は方向が分からなくなる。

純一さんに先頭を走ってもらう。

 

4:00 吉村さんの自宅に車を置かせてもらい、作業小屋へ。

今日は天然昆布漁だが、漁の開始時間が30分遅れて5時半からとのこと。

私は船に乗れなくて残念だが、昨日撮りそこなった港に帰ってくるところと、

昆布をトラックに積むところをしっかり狙おう。

 

今日もトラックの荷台にのっけてもらい港へ向かう。

今日は、吉村さん、奥さん、娘さん、純一さんの4人体制。

霧の中を出港していった。

真っ白なので何も見えない。

私は一度宿に戻った。

さっと風呂に入り、少し休んだ。

 

7:00 再び港に向かう。

霧が晴れていい天気になっていた。

吉村さんが昨日漁をしたというポイントの辺りに行ってみる。

今日もそのあたりで漁をするとのこと。

 

今日はたくさんの船が漁をしていた。

海沿いに立ち並んでいる家は、ほとんど漁師さんの家だ。

自分の敷地から船がすぐに出せるような作りになっている。

そこから私は吉村さんの船を探すが、あまりにたくさんの船で見つけられなかった。

この辺りは昨日大漁だったから、多くの船がひしめきあいながら漁をしているのだろう。

漁を眺めながら、こんな暮らしもあるんだなあと思った。

 

しばらく撮影していたら、また霧が立ち込めてきて、そのうち辺りは真っ白になった。

 

 

 

 

8:30 漁の終わりを告げる放送が流れた。

船が一斉に港に向けて走ってくる。

私は今度こそと、必ず吉村さんの船が通るところで待ち構えた。

純一さんを乗せた船がやってきた。

昨日ほどではないが、たくさんの昆布をのせていた。

網で獲った昆布をくくり、岸壁に待機していたクレーンで昆布を吊り上げ、トラックにのせた。

 

そして昆布と純一さんといっしょに私も荷台にのり、作業小屋へ向かう。

昆布はヌルヌルして独特の匂いがした。

 

今日で純一さんは昆布漁の手伝いを終え、他の用事を足し、明日大阪に帰る。

トラックを降り、服を水洗いして、吉村家の皆さんに挨拶をして純一さんと私は急いで宿に戻った。

 

朝食が9時までなのだが、すでに9時になろうとしていたので宿に電話した。

9時少し過ぎ、宿に到着。

二人で朝食を食べる。

ここの朝食は朝どりのイカが食べ放題というのが売りなのだが、今日はイカがないとのことだった。

 

そして急いで荷造りをして、チェックアウトをした。

そして純一さんに挨拶をして見送った。

 

ああ、いい撮影ができてよかったー。

純一さん、お忙しい中ありがとうございました。

 

今回はこの撮影のためだけにきたので、あとは帰るだけ。

解放感にひたった。

天気もいいし、気分も最高だ。

 

いつもたくさんの撮影をして長くなり、撮影が終わる頃にはヨロヨロなのだが、今回は余力がある。

宿を後にして、吉村さんのお宅に向かった。

お礼を言って帰るつもりが、昆布をたくさんいただいた。

「近くに来たらまた寄って下さい。」

と奥さんが言ってくれた。

 

それから近くにある縄文文化交流センターに行き、中空土偶を見る。

 

そして山田農場に寄り、「ななえ」を買う。

「ヨウコちゃん、潮の香りがするね。」

とあゆみちゃんに言われた。

 

 

お昼はニーヨルで食べた。

素朴な料理が身体にしみた。

 

そして今日お世話になる親方の家へ向かった。

親方とミッシュもいっしょに晩御飯の買い物へ行く。

途中、ソフトクリームをごちそうになる。

暑いし、最高においしかった。

 

店内の魚を見て回り、

「イカ刺にするか。」

と親方。

 

それからしいたけ屋さんに寄り、大きな肉厚のしいたけを買う。

 

家に戻り、「ビール飲むか」と親方。

外のデッキの椅子に座り、木を眺めながら二人でビールを飲む。

 

この空気、木々の緑、太陽。

ああー、気持ちいいと思いながら私はビールを飲んでいた。

 

「いい家になったなあ。」

と親方はしみじみと言った。

 

親方がイカをさばき始めた。

私は横で見ながら、親方に乳酸菌とはどんなものなのかと質問をしていた。

親方は何でもよく知っていて、説明がこれまた上手なのだ。

土鍋でご飯をたくのだが、親方の炊くごはんは実においしい。

水加減は自分の手ではかり、火加減や時間は目や鼻を使って調整する。

さすが山男だ。

ご飯が出来上がる頃、おかみさんが帰ってくる。

帰って来てご飯ができていて、しかもおいしい。

おかみさんシアワセだなあ。

この4月からおかみさんは朝9時に店に出勤するという生活に変えた。

だいぶ慣れてきたようだ。

それまでは朝4時ころに出勤していた。

今は朝、ミッシュの散歩をしたり、ゆっくりコーヒーを落とせたり、家事ができたりして贅沢なのよとおかみさんは言う。

 

三人でおいしく晩御飯をいただくく。

おいしいし、楽しいし、余力はあるし、私は嬉しくて仕方なかった。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用