空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その147 秋のすぎな農園 その1

2012年10月8日。

7:00起床。

外はピーカン。

山の上の鶏舎での水や餌やりなど、進さんの朝仕事を撮影させてもらう。

 

一輪車に水のタンクを載せ、緑のトンネルをくぐって鶏舎に運んでゆく。

去年も撮ったが、もう一度撮りたいと思っていた。

 

その細い道は通りにくくなったため、去年と違う道になっていた。

鶏舎を挟んで反対側に道が出来ていた。

今年も熊が出ているので、進さんはクマよけの鈴を腰に巻き、一輪車で水を運んでゆく。

すぎな農園の畑や田んぼはどこも気持ちのいいところにある。

ここは一番高い場所にあって、ことの他気分がいい。

 

朝露に濡れた葉っぱが陽に照らされて美しい。

目を上げると山々がくっきりとそびえている。

進さんが仕事を終えてからも、私は一人、撮影を続けた。

 

すると少しもよおしてきた。

どうしようかなと思ったが、周りにはよさげな葉っぱもたくさんはえている。

早速昨日の講演会で学んだことを実践した。

大きい葉っぱに、肌触りのいい葉っぱを重ねて使った。

最後に、枝を三本立てて印をつけた。

 

後で竹渕さんに言うと、

「早速の実践、井沢さん喜ぶだろうね。経過観察はしておこうか?」

と言って笑った。

 

家に帰り、智子さんの仕事を撮影。

ヤギのマキバの小屋の掃除、犬のネラのブラッシング。

そして昼の採卵。

智子さんの採卵に初めて同行した。

一日に3回卵をとるのだそうだ。

昼ごはんの後。

進さんが作詞、智子さん作曲の「マザー・アース」を庭で収録。

進さんがギターをひき、智子さんが歌った。

今の進さんと智子さんの気持ちが現れていた。

 

夕方。

智子さんがネラの散歩に行くので、私もついていった。

家の周りをぐるっと一周。

なかなかいい散歩コースだった。

智子さんは他の家の犬に声をかけたりしながら、ネラと歩く。

家に戻ってまたブラッシング。

ネラは智子さんにしか心を許していないようで、

他の人が近づくと、グルグルと歩き回り落ち着かなくなる。

 

夕食。

食べながら3人で色々な話をした。

「去年は怒りの感情が大きかったけど、今年は申し訳ないという感情が大きくなった。

子どもや、これから生まれてくる子たちに対してね。それが去年と今年の大きな違いかな。」

と竹渕さんが言った。

放射能が自然の循環の中に入り込んでしまった。

自然の循環を活かして農業をやっていた人たちの痛手は大きい。

そんな中、ここで暮らしてゆくと腹を据え、そんな中で努力と工夫、

そして仲間と支え合いながらここで暮らしている竹渕さんたちがいるのだと改めて思った。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用