空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その150 甲田崇恭さん 高崎市民測定所クラシルにて

 

 

2012年10月10日。

今日は、高崎のクラシルで甲田くんの撮影。

その前に、途中の室田で小松かおりさんと待ち合わせ。

去年、朝市に出店していたコーヒー屋さん(マカップさん)が室田のスーパー跡地に駐車場で店を出しているとのことで、

いっしょに行くことにした。

素敵な人がおいしいコーヒーを入れてくれるのだ。

行ってみると今日は来ていなかった。

残念。

 

仕方なく、小松家へ行ってお茶をした。

高崎市の小学校は2学期制で、ヨシキくんもいた。

ポケモンというゲームに夢中だそうで、ひとしきり説明してくれた。

 

12時半過ぎ、かおりさん、ヨシキくんもいっしょにクラシルへ向かう。

中医研の前に移動パン屋さんが来ていたので、私とかおりさんは昼ごはん用にパンを買った。

クラシルへ行くと甲田くんがまったりしていた。

お昼今からですか。と甲田くんがコーヒーをいれてくれた。

彼のいれるコーヒーはおいしい。

丁寧に入れてくれるからだと思う。

ひとしきりおしゃべりをした後、かおりさんとヨシキくんは買い物に出かけて行った。

 

まだ暖かいので窓を開け放している。

中医研の吉田さんがプラプラとやってきて、「クイックマッサージいいよー。」と言ってひとしきりおしゃべり。

針や灸、マッサージなどをする中医研が前にあり、デイサービスが横に隣接しているので、

色んな人が通り過ぎ、声をかけていく。

挨拶だけだったり、天気の話をしたり、時には吉田さんのように色んな話をしてきたり・・・。

このシュチュエーション、甲田くんによく似合う。

 

そしてインタビューを始めた。

去年会ったときから今まででことなどを中心に話をうかがった。

 

クラシルのこと、そしてこれからの構想などを語ってくれた。

「来年またここに来た時は、さらに面白くなってますよ。」

と甲田君は言った。

なんだか甲田君がとても頼もしく見えた。

 

 

クラシルは甲田くんの仕事場。

仕事の様子を少し撮影させてもらうことに。

「去年も測った新潟のこしひかりが今年も入ってきたので、それ測りましょうか?」

と甲田くん。

測定しているところを撮影させてもらった。

私は測定を見るのは初めて。

ベラルーシ Atomtex社製
NaIシンチレーションスペクトロメーター
AT1320A

 

機械を立ち上げるまでに結構時間がかかった。

なるべく正確に測るために水を測定器の周りに置いている。

 

そしてお米をビニール袋にいれて、測定する容器にぎゅうぎゅうと手で押しながらつめる。

測定機に入れ、スライド式の蓋を閉じると測定が始まる。

測定の線が出てきてしばらくすると、これは不検出ですねと甲田くん。

ラインの形でだいたいわかるそうだ。

 

 

30分ほどで測定が終わり、その結果をプリントアウトする。

不検出だった。

 

ここで暮らしていくために、クラシルは大切な役割をになっているんだと改めて感じた。

 

甲田くんの撮影を終え、隣の中医研でクイックマッサージを受けた。

疲れがだいぶでてきたようだ。

 

そして、たかさきシネマテークの志尾さんに会いに高崎へ向かった。

「空想の森」の上映会の時に、竹渕さん、甲田くんに縁をいただいた方だ。

 

志尾さんは、たかさきシネマテークの支配人。

宣伝や映画祭の準備で忙しいさなかだった。

去年、高崎を訪れた時にはインタビューもさせてもらった。

 

今回は互いの現状などを話した。

とても刺激になった。

 

たかさきシネマテーク、いい映画かけてます。

みなさん、スクリーンで映画を楽しみましょう。

 

この晩は市内のホテル泊。

明日から榛東村の農カフェの岩田さんの撮影だ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用