空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

風のたより その42 工藤さんとの出会い

左から工藤さん、私、工藤さんのお連れ合いのイクコさん、野村さん。
工藤家にて。

岩やんのお祝いの会の翌日。

数か月前に、

「『空想の森』の上映会をやりたいんです。」

と連絡が来てやりとりをしている銭函の工藤さんに会いに行くことにした。

野村さんと石川さんもいっしょにいくことになった。

 

工藤さんはフォトグラファーで、以前に野村さんを取材したことがあり、知り合いだったことがわかった。

世間は狭いものだ。

 

汽車で銭函駅へ。

銭函が置かれていたり、ぶるさがっていたり、面白い駅だった。

ホームを渡る廊下から海が見えた。

 

工藤さんが満面の笑みで迎えてくれた。

お宅は山の中腹あたりにあった。

中に入ると大きな薪ストーブがたかれていてとても暖かかった。

ちょうど昼時だったので、いっしょにご飯を食べましょうと、お連れ合いのイクコさんが手料理をつくってくれていた。

1歳三か月の息子・アキラくんはかわいいさかりだった。

 

地元のおいしい日本酒も用意してくれていた。

私は昨日の飲みすぎでひどい二日酔い状態だったため、酒が飲めず、それがとても残念だった。

石川さんがお酒を堪能していた。

用意してくれた食べ物が、これまた酒にぴったりのものばかり。

 

いくこさん手作りのニシン漬け、キムチ。

そして小さいけど身の締まったシシャモ、工藤さんがスモークしたサケの俵型のおにぎり。

かまぼこ、イカの一夜干しなどなどどれもこれもおいしかった。

デザートは友達から送られてきた広島のみかん、地元のだんご。

「これが普段の食事です。」

と工藤さん。

あー、ホントいいもの食べている家だなあと思った。

 

 

工藤さんは「空想の森」の試写用DVDを観てくれた。

色々なことを感じ、とても深く映画を捉えてくれていて、私は本当に嬉しいやら恥ずかしいやら。

工藤さんは、感覚、そしてこれから目指す方向性が同じところを向いている人のように私は感じた。

そういう人と出会えたことが嬉しくてたまらなかった。

 

工藤さんは自分が暮らすこの地域の仲間といっしょに、「空想の森」の上映をやりたいと思い、今その下地をつくっている最中。

面白い上映会になる予感。

 

とても居心地のいいお家で、おいしいお酒(私と野村さんは飲めなかったが)とおいしい手料理を味わいながら、色んな話をした。

 

 

夕方、おいとましてイクコさんに駅まで送ってもらった。

 

帰りの汽車に中で

「あー、おいしかったね。楽しかったね。」

とずっと三人で言っていた。

 

楽しすぎて嬉しすぎる二日間だった。

工藤さんと会って話をして、「空想の森」を今また観たくなった。

3.11後、この映画はまた違う意味をもって見えてくるのではないか。

 

みなさん、「空想の森」の上映会をやりませんか。

どんな形でもできますし、私はどこでも行きますので、連絡をお待ちしています。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用