空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

撮影報告 その163 中嶌哲演さん 明通寺にて

中嶌哲演さん(真言宗御室派棡山 明通寺の住職)

2012年11月26日。

雨。

13:00から明通寺で中嶌哲演さんのインタビュー。

喜美子さんが車を出してくれていっしょに来てくれた。

 

少し早めに出て、昨日会った佐藤さんの家に寄った。

佐藤さんは不在だったけれど、家の中を喜美子さんが案内してくれた。

よくここで仲間と飲み会をやるそうだ。

手作りの素敵な家だった。

ハンモックに揺られながら見る竹林はなかなかの風情だった。

 

そして明通寺へ向かった。

明通寺から見た集落

集落のどんつきにお寺はあった。

お庭がきれいに手が入れられて素晴らしかった。

紅葉もかろうじて残っていた。

 

1200年まえからある、由緒あるお寺なのだった。

三重の塔と本堂が国宝になっている。

 

その本堂の方から、傘をさした哲円さんがこちらに向かって静かに歩いてきた。

紅葉した木々、周りの風景に溶け込んだその姿はなんだか神々しかった。

そして穏やかに「田代さんですね。」と言った。

 

そして喜美子さんもいっしょに社務所の横の部屋でお話を伺った。

昨年、2回ほどお会いしているが、じっくりとお話を伺うのは今回が初めてだ。

3時間以上もお話をしてくださった。

学生時代に被爆者と出会ったことが、反原発活動をする原点になっていることがよくわかった。

40年以上も若狭の反原発運動の先頭に立ち続けている哲演さんが、今、何を感じているのかを私はお聞きしたかった。

地元・小浜に原発誘致の話が持ち上がった時、原発問題を初めて自分自身の問題としてとらえたこと、3.11の後、しばらく言葉を失い、動くことができなかったこと、今、希望の萌芽を感じていることなどをお話してくれた。

哲演さんと記念写真。

直接お話をうかがえて本当によかった。

私は哲演さんが大好きになった。

講演活動で多忙な中、時間を割いていただいて本当にありがとうございました。

 

 

それから喜美子さんの友人の池河地の坂上和代さんの家に寄った。

山間の集落の中にあった。

坂上さんの家にあがり、こたつに入り、みかんをいただきながらおしゃべりをした。

坂上さんは小学校の先生だった。

 

喜美子さんが私が昨日話した伊沢正名さんの坂上さんにすると、あるかもしれないと、伊沢さんのキノコの本をもってきた。

大いに盛り上がり、喜美子さんはその本を借りていった。

 

坂上さんの家をおいとまして、喜美子さんの家にもどった。

夕食を食べ、そしてこの晩も深夜2時近くまで話をした。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用