空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

風のたより その131 山形国際ドキュメンタリー映画祭 その3

2013年10月16日

「北ー歴史の終わり」、「アランの島の小船」を見た。

「北ー」は4時間25分の長ーい映画。

長いワンカットが美しい映画だった。

観た後、柴田さん、隈さん、野村さんと映画について話しながらそばを食べた。

それぞれの見方を話しているうちに、そうだったんだーとわかることがいっぱいあった。

この話し合いも面白かった。

「アラン島の小船」はロバートフラハティのドキュメンタリー映画。

 

「北極のナヌーク」、「アラン島」でどういう撮影をしていたのか、

出演者はどう思っていたのかなど、出演者の親族の話などが聞けたりして

とても興味深かった。

ドキュメンタリーを撮るということはどういうことなのか

改めて考えさせられた。

RIMG1930 (800x600)

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用