空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

群馬県高崎市・中医研2Fホールにて 2014年8月9日・10日

「空想の森」感想いろいろ
2014年8月9日・10日
群馬県高崎市・中医研2Fホールにて

上映してくれた人:竹渕さん・未来にちにち堂自主上映部のみなさん、ありがとうございました!

 

何をして生きていくのができるのか、今の仕事のまま生活のままでいいのか…など考える日々でしたが、映画をみながら「どこにいても幸せ」なんだと思えることができました。

(37歳・女性・会社員)

 

 

ゆるい音楽が大変良かったです。あかりちゃんが最高でした。

(43歳・女性・公務員)

 

 

拝見するのは3度目です。農作業・調理作業のよさを伝えてくれる映画だと思います。作業することが時をきざみ、時をつくっていくように感じる。自分もそんな作業をしたいなと思いつつ。

(男性)

 

 

私の友人や知人も野菜農家が多く、その苦労や喜びも時には垣間見ることもありますが、こうして、とてもとても丁寧にアナログにとりくまれた作品をみると、農というのは決して起承転結があるものでなく、綿々とつながっていくものだとしみじみ感じました。このごろはTVなどのドキュメンタリーでも「おいしい部分」を作ってしまうのにへき易することがありますが、この作品にはひとりひとりの悩み、そして自分が心から欲しているものを丁寧にとられていて何気ない風景、ふつうならうんざりする農作業が実に変に美しく感じました。ギリヤークさん登場にびっくりです。30年ほど前に姉宅(大宮で画廊喫茶してました)にギリヤークさんがこられていたことがありました。

(54歳・女性・学校給食調理員)

 

 

共働学舎の理念やその他農家の方達の暮らしぶりを知ることが出来てとても良かったです。山田聡美さんが独立を考えつつも残ることを選んだ理由が「仲間」だったことにも何か感じるものがありました。自分ー仲間ー自然とつながっていることが人間の本来の生き方であると改めて思いました。ありがとうございました。新作も楽しみにしています。

(32歳・男性・会社員)

 

 

ようやく半分位ですが、みることができました。共働学舎のチーズは以前、頂いたことがあったので、内容を知ることができて本当に良かったです。農のある暮らし、群馬県でもどんどんシフトしてゆける土地作りができたらいいですね。

(38歳・女性・自由業)

 

 

今の暮らしに欠けているもの。これからの暮らしに必要なことがつまっていると感じました。

(35歳・女性・NPO理事)

 

 

みなさんの絆を感じました。生活する根っこのような力強さに心うたれました。

(54歳・女性)

 

 

 

最近の社会、政治も含めて、大変な社会です。映画を観て何かほっとしましたし、少し勇気をもらいました。

(71歳・女性)

 

 

来て良かったです。昔を思い出しました。素晴らしい毎日ですね。メガネが無くてすごい字ですいません。御判読くださいませ。ありがとうございました。

(76歳・女性)

 

 

共働生活をしながら野菜作り、チーズ作りなどをしていて、その土地に根づいてた人と物作りにはげむ姿を見て、すごいなあと思いました。いつも食している野菜なども農家の人達が手間ひまかけて作ってくれているんだなあと感謝しながら食べなくてはいけないと思いました。

(45歳・女性・自営業)

 

 

5年前は兼業農家という立場で観させていただきました。今回は専業の農家になり、違った視点で観ることができました。

(49歳・男性・農家)

 

 

参考になりました。

(54歳・男性・農業)

 

 

なつかしくなりました。続編が見たいです。

(37歳・男性・農業)

 

 

人が生きるということの基本だなあと思いました。基本はあたりまえのことだったりするのだが、そのあたりまえが現在の生活に希薄していることをしみじみ感じました。

(38歳・女性・自営業)

 

 

動物・植物・人間、そのもの、あるがままの姿を感じられて、すがすがしい気持ちになりました。ありがとうございます。

(38歳・女性・舞踏教師)

 

 

新得町で暮らしている人々の生活が、この映画を通して決して楽ではないけれども、いきいきと愉しい暮らしであると伝わってきました。みなさん、いい顔をしていたのが印象的でした。日々、現在の仕事について考えているのですが、よい刺激となりました。

(38歳・男性・会社員)

 

 

ラッシュの早い放映を願っています。監督の活動を心から応援したいと思っています。益々のご活躍を祈ります。本日はありがとうございました。

(62歳・男性・建築家)

 

 

「行動する。結果はどうであれ。」思いや夢は遠くかなわないと思っていても、行動しやり続けることが大事。一歩一歩近づいてくるものである。

(40歳・女性・会社員)

 

 

出演されている方々が生き生きとされているのが印象的でした。現実を見て空想することで現実の問題を解決していくことが求められている時代だと思います。ありがとうございました。

(32歳・男性・会社員)

 

 

農家2年目です。映画の内容、とても共感できる場面が多くありました。改めて「生きる」という事を考えさせられる良い映画でした。

(無記名)

 

 

自分が幸せであること。自分がそうある事が他の人をも幸せにすると思います。良い映画をありがとうございます。

(60歳・女性・介護職)

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用