空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

風のたより 感想

函館山の麓の小さなカフェ・パザールバザールの店主・くにちゃんの感想です。

ブログにアップしてくれていたのを、ここにも掲載させていただきます。

 

以下、店主ブログより。

 

「風のたより」上映会に参加して

2011年4月からの二年間の記録。

 

その時、自分も間違いなく同じ時間をこの北日本で過ごし、

自分なりに、

日々感じ、日々答えを探し、日々迷い、

日々語らい、日々その日できることをしてきた。

 

映像の中にいる

洞爺、大沼、大間に住む三家族の

生き方、迷い、見つけようとしている未来の中に、

パン屋でも、チーズ農家でも、漁師でもないが、

同じように悩んだ自分の日々を見つける。

 

真似できない生き方をしている三家族の

生き方から学ぶこともあり目や耳を凝らして感心しながらも、

監督の描き出す空気感に、ほろっと力も抜けて楽しんでしまう。

 

子供達が、台所や食卓の風景が美しい。

 

3時間11分。

短くないけど、長いとも思わないくらい、

映像に引き込まれた。

三家族に魅せられた。

 

大間原発についても語られています。

この映画が全国に広がる中で、

大間原発のことを多くの人が知り、また繋がりが生まれる。

そんな予感も感じた上映会でした。

 

お店でも来年上映会をしたいなと思ってます。

 

是非、観に来てくださいね。

 

http://lifetrip92.exblog.jp/21876795/

 

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用