空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

「風のたより」上智大学上映会 その2

受付は学生さんたちがやってくれた。

左から、牧野さん、塩田さん、折野さん。

みんな学部も学年も違う。

続々とお客さんがやってきた。

「風のたより」の製作・撮影に協力していただいた関東の方々も結構来てくれた。

みんな集中して見ていた。

時折、クスクス笑いもあり、とってもいい感じで私は嬉しかった。

上映後、「風のたより」のこと、そして先日の「風のたより」関東ツアーのことを

写真をお見せしながら、お話をさせてもらった。

栃木の山のようちえんでの野外上映会、栃木・伊王野・陣屋での上映会、群馬・あっちゃーファームでの上映会、栃木・益子での上映会・・・

千葉・チーズ工房千での上映会は時間がなくて、話ができなかったのが残念。

話すこと、あんまりないなあ、なんて思っていたらとんでもない。

話すこと、たくさんありました。

こんな上映会も自分たちでできるってこと、それがとても面白いってこと、そして人が繋がっていくことをみなさんにお伝えしたかった。

そして、今年10月に開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門に「風のたより」が上映されることもみなさんにご報告した。

そして、この映画に関わってくれた人が何人もいらしていたので、

その方たちにも少し話してもらった。

山形国際ドキュメンタリー映画祭の東京事務局の若井さんも見にきてくれた。

若井さんはメールでやりとりしている人だった。

これには驚いた。そしてとても嬉しかった。

この近くに東京事務所があるそうだ。

この日集まった人たちで、山形国際ドキュメンタリー映画祭を知っている人は少なかったので、若井さんに山形映画祭の宣伝をしてもらった。

私の小学校の同級生・内田佳子ちゃん。

新宿駅地下の雑踏の中で、23年ぶりくらいの偶然の私との再会から今までのことを話していた。

左から、函館の撮影でお世話になった野村さん、私、山形東京事務局の若井さん、

そして英語字幕をつけてくれた早川由美子さん。

早川さんは、私と同じ、ドキュメンタリー映画のつくり手だ。

字幕の作業で何回も何回も見ているのに、また見にきてくれた。

本当にありがたい。

象設計集団の富田玲子 さん。

見にきてくれたのはこれが2回目。

左から2番目の方が、千葉の菅野さん。

函館の大間の裁判で出会った方で、大間訴訟の会の竹田代表の友達。

菅野さんが千葉のお友達と一緒に見にきてくれた。

そんなわけで、とてもいい上映会となりました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用