空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

御影のぶどう

お隣の大橋さんが、自家製のぶどうジュースを届けてくれた。

「今うちのぶどうが見事だから見においで」と。

大橋さんは言った。

よく晴れた日曜の朝、車で5分ほどの畑を見に行った。

見事なぶどう畑だった。

よく手入れされている畑。

こんなにすごいとは。

びっくりした。

これを夫婦二人でやってるなんて・・・

大橋さんご夫妻は、この御影で生まれ育った生粋の御影の人。

私はここに越して来てから大変お世話になっている。

この土地で長年養鶏を営んでいて

美味しい卵をつくっていた。

寄る年波で養鶏をやめ、現在はその跡地で鶏糞の発酵肥料を作っている。

その堆肥を使ってぶどうを栽培し、そのぶどうがうまい!と評判を呼んでいるのだ。

「つまんでけ」と大橋さん。

ワイン用のぶどうだが、甘みと酸味が絶妙のバランスで美味しい。

畑で食べるこの醍醐味。

次から次へお客さんがやってくる。

夫婦二人で手分けしてマンツーマンで接客。

お客さんにはつまみながら、好きなぶどうを摘んでもらう。

大橋さんの仕事小屋。

いろんな道具が並び、至る所に工夫がされている。

私はこういうのを見るのがとても好き。

ワクワクする。

ここで来る日も来る日も、大橋さんは働いているのだなあ。

大橋さん、いつもありがとうございます。

今度ゆっくり飲みましょうね。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用