空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017  10月9日 その2

千葉の大多喜から、車で夜通し走って千代が到着。

今日のチーズ販売の頭をやってもらう。

販売の道具も一式持って来てもらった。

千代と車で走っていると、栃木の足利からやって来た富士夫さん発見。

富士夫さんは、山形から45分くらい離れたゲストハウスに宿泊をしている。

この宿がなかなか面白いところだそうで、さすが富士夫さん、満喫しています。

左から、かなちゃん、星さん、千代、小野さん、船生さん。

私は、とんがりビルで福島会議。

7日から来ていた同じく福島のかなちゃんと、星希衣さんと

千代も飛び入り参加。

星さんは、かなちゃんの友人で郡山上映会を応援してくれている。

福島のいわきから、船生有紀さんと、小野順子さん到着。

いわき上映会は、小野さんのお店が上映会場。

何と、かなちゃんと小野さんは幼馴染の同級生だったことが、

船生さんが上映会をやることでわかったのだった。

11月18、19日の「風のたより」福島ツアーの具体的な話し合いをした。

ヤマガタで、かなちゃん、船生さんの熱を感じ、私は何とも言えず嬉しかった。

福島上映、きっと素晴らしい上映会になる予感。

「風のたより」はシアワセな映画やなあ。

山形映画祭に参加している人たちを写真に撮って、すぐ現像して店の中に張り出すということをやっている写真家のワタナベアニさん。

「ヨウコさん、記念だから撮ってもらった方がいいですよ」

とかなちゃん。

すごく疲れた顔をしているのでちょっと嫌だったけど、こんなこともう二度とないかもしれないので、本当に記念に撮っていただいた。

ホテルの私の部屋から、今日販売するラムヤートのパンやら文具などを、千代の車に乗せてもらい劇場へ運ぶ。

フォーラムの業務用の冷蔵庫にチーズ、ワインを入れさせてもらっていたので、本当に助かった。

もうすぐ、山田あゆみちゃんが11年ぶりにしょっぱい川を渡ってヤマガタにやってくる。

大沼で農場をはじめてから、初めて家を出て一泊するのだ。

この時期、山羊の種付けで本当なら家を空けるなんで考えられないのだが、ケイスケが、行っていいよと言ってくれ、この日の晩と翌日の朝の搾乳をやってくれることになったのだ。

ヤマガタのために、来てくれたあゆみちゃんに

私はちょっとしたサプライズのお出迎えをしようとみんなに話した。

福島チームにも参加してもらって、この日のために作った記念手ぬぐいを持って、山形駅でみんなであゆみちゃんをお出迎え。

さあ、あゆみちゃんはどんな反応をするのか。

あゆみちゃん、精算終わってこっちへ歩いて来ました。

かなちゃんが撮影してくれました。

そして、隠れていた千代が出て来ました。

あゆみちゃんと千代は、新得共働学舎で一緒に働いていた仲間です。

あゆみちゃんから、プレゼントをいただく。

少し前にあゆみちゃんから、布の色を選んでと言われていて、私はこの色を選んだ。

それが何になるのかは、お楽しみだった。

それはあゆみちゃんの友人が作っているショルダーバックだった。

偶然にも、あゆみちゃんが選んだ色と同じだった。

ヤマガタ駅で記念撮影。

今度は、もうすぐ北海道からみわちゃんがヤマガタ入りする。

駅の横のバス停に到着。

あゆみちゃん、千代とお出迎え。

元学舎の二人と、今も学舎のみわちゃんの3人で。

左から、千代、あゆみちゃん、私、みわちゃん、七子さん。

フォーラムへ行くと、「風にたより」のポスターが貼られていた。

通りがかった七子さんも一緒に記念撮影。

そして今日3度目のとんがりビルへ。

私の両親も一緒に乾杯です。

昼間っからみんなでビールが飲めてシアワセ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用