空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

福島の上映会から帰ってきたら、すっかり春だった。

太陽が出ている昼間は、ストーブをつけなくてもいいどころか暑いくらいだ。

窓を開け、はたきをかけ掃除できる気持ち良さ。

そして、薄着をしたくなる。

春めいてきたとは言え、朝晩はまだまだ寒い。

それでも薄着をしたくなる気持ちになる。

私も北海道人になったなあとしみじみ思う。

北海道に来たばかりの頃、

「まだ寒いのになんでこんなに薄着をするのだろう?」

と春になる度に、しっかりと着込んでいた私は思ったものだ。

半年近く雪で覆われ、寒さに防備して暮らしていると、

春の兆しに一気に開放感を感じるのだ。

そして身も心も軽やかになりたいと自然に思うのだと思う。

福島の上映会とスタディツアーのこと、

その後、訪ねた長野県・信級のこと、

これから書きます♪

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用