空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

ワルシャワでの再会

ブリュッセルのシネマノバでの上映が決まった時、

ワルシャワに寄ってから帰ろうと決めていました。

それは、昨年10月のヤマガタ映画祭の最終日に、

ホテルの地下の温泉で、偶然ポーランドのアナに出会い友達になったからでした。

その前日、映画祭の表彰式の日、アナはロバート&フランシス・フラハティー賞を受賞しました。

私は彼女の映画を見ることができなかったし、映画祭期間中に話もしたこともなかったのですが、スピーチを聞いていて、なんだかとても親近感を持ちました。

アナは翌日の朝、ポーランドに帰国するということでした。

温泉に一緒に入って話しているうちに、もう少し話をしたくなり、

その晩は明け方まで私の部屋で飲みながら語り合いました。

私が北海道に戻って間もなく、彼女からメールがきました。

私もすぐに返信をしました。

それから私はポーランドについての本を読んだりして、

日本とポーランドが意外と深い関係があるということを知ったりしました。

私の返信からしばらくの間、アナからのメールが来ませんでした。

後でわかったのですが、私からのメールが迷惑メールに入ってしまうとのことでした。

ブリュッセルでの上映が決まってすぐに、ブリュッセルに行きますとアナにメールをしました。

彼女は上映を喜んでくれて、上映後すぐに帰国してしまうの?という返信がきました。私がワルシャワへ行くつもりだというメールを返信しましたが、それはどうやら迷惑メールに入ったらしく、その後何度かメールをしたのですが、返信はありませんでした。

私はアナに会えなくてもポーランドは行ってみたいと思い、旅の最後の日をワルシャワに滞在することにして、そこから日本に帰国することにしました。

ブリュッセル滞在中も何度かメールをしてみましたが、やはり迷惑メールに入っているようで、返信はありませんでした。

連絡が取れないまま、私はワルシャワに入りました。

最後の晩に、ダメもとでアナにメールをしました。

「今、ワルシャワにいます。明日帰国します。」と。

翌日、午前中に市内の公園を観光をしていたらメールがきました。

アナからでした。

「今どこにいるの?ここに電話して」と。

すぐに電話しました。

私の英語に難があったけど、無事市内のレストランで会うことができました。

ミラクルです!

ダメもとで送った最後のメールが、なぜかちゃんと届いたのです。

ヤマガタで会って以来の再会でした。

すごく嬉しかったけど、とにかくメール問題を先に解決しなくちゃと、

お互いのメールがきちんと通じるメールアドレスを探るのに時間を要しました。

私が送った今までのメールは、アナの膨大な迷惑メールの中に埋れていました。

ありゃー、こりゃ探すの大変だわーと思いました。

アナは映画を学生に教える仕事もしているそうで、

この後、授業に行かなくてはいけませんでした。

メール問題が解決して、残りの時間でブリュッセルでの上映のことなど、ざっと話をしました。

お昼過ぎに会えて、2時くらいまで話ができました。

私もちょうど2時過ぎには空港へ向かわなければいけない時間でした。

短い時間だったけど、会えて本当によかったです。

帰りの飛行機はワルシャワのショパン空港から、ドイツのミューヘンで乗り換えがありました。

アナに言い忘れたことがあり、ミューヘンから電話をかけました。

そうしたら、「さっき、日本の配給会社から正式な招待状が届いたのー!」とアナ。

私は、「アナ、よかったねー!!最低2週間は日本に滞在できるようにね。北海道に来てうちでゆっくりしたらいいから」と言いました。

そんなこんなで、なんだかまたとても楽しみになってきました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用