空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 vol.7

令和元年5月27日

朝。苗踏みの撮影。

私が信級にきてから、ずっと晴天が続いていますが、

この日は夏のように暑い日でした。

植野夫婦二人での畑仕事の撮影。

庭の脇の草を刈って、その草を畑の苗の周りにかぶせます。

雑草よけのためです。

畑にはサツマイモ、人参、アスパラ、ねぎなどが植えられていました。

それが終わると、田んぼの畔にはえているヨモギの収穫へ。

ヨモギ畑のようにたくさんはえています。

ヨモギをジェノベーゼのようなペーストにしたいということでやってみるそうです。

収穫を終え、軒先で刈ってきたヨモギを丁寧に洗います。

そしてブルーシートに広げて天日で乾燥させます。

夫婦二人で協力しながら、何気ない会話を交わす姿。

農作業って、いいなあと思います。

それと同時に、こんな風になれるまで

どれだけのことを二人で積み重ねてきたことだろうかとも思います。

午後、道路を挟んだ向かいの西川さんのお宅へ遊びに行きました。

西川さんは不在でしたが、息子の心一朗くんがいました。

彼は釜も自分でつくり、陶芸家として作品をつくっています。

作らなくてはいけないものがあり、

今からやるというので撮影させてもらうことになりました。

粘土をこね、ろくろを回して形をつくる作業でした。

心一朗くんはつくりながら、色んな話をしてくれました。

なぜ陶芸をやろうと思ったのか、どういうことに影響を受けたのかなどなど。

心一朗くんはとても綺麗な目をしています。

そして、とてもしっかりした考えを持っていました。

この綺麗な瞳の青年が、どんな風に信級に根を張っていくのか楽しみでなりません。

夕方、子供たちが学校から帰ってきました。

イサとカナが、自分の家の畑、そして麻の小屋を案内してくれるというので、

撮影をしました。

信級は昔、麻の栽培が盛んでした。収穫した麻を煮ていた小屋が残されています。

今日はたくさんキャメラを回して疲れたー。

ヘロヘロになりました。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用