空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 vol.25

 令和元年10月4日

朝起きて外に行く。向かいの山に雲がたなびいている。

いい景色だ。

信級のメインストリートが谷沿に走っている。

その道の両側に山。

私たちの宿舎は信級小学校がある山の向かいの山の中腹にあり、小学校とほぼ同じくらいの標高。

「ここに橋がかかっていたら小学校まですぐなのに・・・。」と小学校の頃思っていたという、宮平に住むヒロシさんがいうのも納得する。

一坪くんが朝一で撮影していた。

7:00 朝食。ご飯、味噌汁、缶詰(千葉産直サービス)、切り干し大根(お酢と醤油につけたもの)

鹿谷城跡へ。信級のロングを撮影に行く。

前にイチローさんに連れて行ってもらい、私が初めて信級で撮影した場所だ。

信級小学校の少し上に車を置き、そこから20分くらいの山歩き。

一坪くんは重い三脚も担いで軽々と登って行く。さすがだ。

柳屋さんの機材は結構重そうで大変そうだった。

雨がパラパラ降ったりもしたが、まだ太陽も出ていていい景色だった。

信級の本鹿谷のほぼ全景が見えるポイントで撮影。

3人でこの景色を見ることができて私は嬉しかった。

まだ稲刈りをしていな田んぼも少しあり、それが黄金色でとても美しかった。

宿舎へ戻り、昼食。

ご飯、味噌汁。

一坪くんが玉ねぎ、大根葉、白菜で一品おかずを作る。

10月6日は当信神社の秋祭り。

植野くんたち新しく信級に移住した人たちが師匠たちから受け継いでいる神楽を神様に奉納する。

獅子が植野くんと加藤さん。笛が浅野さんと心一郎くん。太鼓が西川さん。(心ちゃんの母)

今回はその撮影をメインに据えた。

植野くんが宿舎に来てくれた。

5日、神楽の合同練習と6日祭り当日のことを詳しく教えてもらう。

5日の合同練習には獅子、笛、太鼓、それぞれの師匠も来て直接指導してくれるという。

6日、祭り当日、当信神社のお祭りの前に、植野くんの住む岩下でも岩下の金比羅さんにお酒を捧げ、公民館に集落の人たちが集まり飲んで食べる会があるとのこと。

祭りの流れや神楽の位置など詳しく聞いて、撮影や録音をどのようにするか、みんなで考えた。

午後、玄米コーヒーをつくるために、炭にする木を炭焼き窯に入れる作業があるということで、私たちは撮影に行くことにした。

撮影が終わると、キャンピングカーの中で中谷さんと清美さんがコーヒーをご馳走してくれた。

メイン通りの日向畑を左折して山に上がっていくと宮平。

宿舎に帰る途中、日向畑で吉沢哲明さん(てっちゃん)に会う。

ご挨拶をし、スタッフを紹介する。

てっちゃんはいつものようにとりとめなく話を始めた。

ひとしきり話し、私たちは宿舎へ帰る。

一坪くんと撮った映像を見ながら色味の話をする。

もう少し黒をシメた方がいいかということになる。

私はついでに色温度のことを一坪くんに質問したりした。

遅くなったので夕食はまたひはら食堂へ食べに行き、さぎり荘で温泉に入ってくる。

帰ってきてビールなど少しみんなで飲む。

柳屋さんは就寝。

私は事務作業をしていると、

「空に雲が一つもないですよー」

と一坪くん。

私も外に出る。

雲ひとつなく、満点の星空だった。

二人で星を眺めながら、どんな映画にしたいか、こういうことも撮ろうなど話をしながら

私はワクワクしていた。

この映画に関われて嬉しいと言ってくれたこと、私もとても嬉しかった。

そして思い出した。

15年前も一坪くんと新得で満点の星空を眺めながら、映画のことから始まっていろんな話をしたなあ・・・と。

不思議な気持ちになった。

一坪くん、まっすぐなところは何一つ変わっていないなあ。

そしてこうしてまた一緒に心を合わせて撮影ができる奇跡。

いい映画をつくるぞー!

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用