空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 vol.34

令和元年10月13日

明け方、トイレに起きる。

台所の窓から見える東の空がなんとも言えない色。

台風が去り、天気が良くなりそうだ。

そしてまた寝た。

起きたら、西川さんはもう帰っていた。

一坪くんは外で風景の撮影をしていた。

朝食は西川さんが持ってきてくれた母ちゃんパン。

紅玉が入っていてとても美味しい。

今日は神社のアンナのイベントが中止になった。

このイベントで植野くんが踊りをすることになっていて

それを撮影する予定だった。

植野くんの踊りは、機会をつくって撮らせてもらおう。

昼頃、撮影に出発。

今日はどんな出会いがあるのでしょう。

日向畑に降りると、由美子さんとメリーさんに会う。

メリーさんは加藤さんの奥さん。

昨晩の台風の話をひとしきりする。

念のため小学校に子供を連れて避難したが、大丈夫そうなので23:00には家に戻ったそうだ。

大事に至らなくて本当によかった。

浅野家と加藤家が並んであり、

小さな川を挟んだ向かいに吉沢てっちゃんの家がある。

てっちゃんの家に行ってみた。

台風の話から、いつものようにてっちゃんの話が始まった。

すると

「昔ここは旅館とたばこ屋をやってたんだよ。」

とてっちゃんが言った。

そして旅館だった時の玄関に案内してくれた。

水も日向畑の共同で使っている水源の他、独自で裏から引いている水源もある。

表から見ただけではわからなかったが、

結構奥行きのある大きな家だった。

商店をやっていた時のハッピも持ってきて見せてくれた。

「部屋が4つも5つもあって、掃除できなくて大変なのよー」

「どっこも行くとこないし、お金もないし・・・、

ハァー、オレの人生どうなっちゃうんだろうなー」

と独り言のように言った。

私はおかしくて吹き出しそうになった。

浅野さんが消防団の仕事から帰ってきたのが見えた。

そしてまた浅野家へ。

「お疲れ様ー」

昨日の台風の顛末を聞く。

信級の消防団は班長が浅野さん、そして植野くん、心ちゃん、そして他の地域の人、全部で4人しかいないそうだ。

「4人で信級全体を見ていくのはなんとも心もとない」と浅野さん。

そして浅野さんは休む暇なく鶏小屋の修理にかかる。

私と一坪くんは炭盆を見せてもらう。

一つとして同じものはなく、

なかなか素敵だった。

撮影もさせてもらった。

「一つ欲しいな」

と一坪くん。

真剣に選びにかかった。

浅野さんが炭盆の扱い方などを丁寧に教えてくれた。

私が初めて信級に来たのは小学校での「風のたより」の上映会。

そのとき由美子さんは受付をやってくれた。

お腹の中にはひかりちゃんがいた。

あれからずいぶん時間だたっているんだなあと、子どもを見て思う。

一坪くんはじっくり選んで一つ炭盆を購入。

由美子さんがお茶を入れてくれた。

お茶請けの梅が美味しかった。

お昼ご飯はさぎり荘へ。

受付に小山さんがいた。

台風で中止になった子どもの運動会を明日やることになったそうだ。

私はカレーうどん、一坪くんはカツカレーを食べる。

信級に戻る。

植野くんの炭焼き小屋に中谷さんと清美さんのキャンピングカーが見えた。

中谷さんたちは、キャンピングカーで暮らしている。

春から秋までは信級を拠点にして、寒い時期は南に下る。

10月末には移動する。

キャンピングカーを訪ねた。

中に入ると、前よりだいぶ進化していた。

運転席の上にも寝床を造ったり(これは客さん用とのこと)、ソフトクリームマシーンを設置していたり・・・。

なんでも、旅をしながらソフトクリームの店がない地域でソフトを売りたいとのこと。

コーヒーと炒り豆をご馳走になる。

中谷さんが取り寄せてくれた美味しい醤油が植野くんの家に届いたとのこと。

前回、中谷さんに味見させてもらって美味しかったから2本買い、

家に帰ってそれを使っている。なんとも美味しい醤油なのだ。

ということで植野くんの家へ。

一坪くんと柳屋さんの分も入れて醤油を3本買った。

植野くんに石坂さんの話をした。

すると、

「石坂さん、山へ登れるのも今年が最後かもしれないって言っていたから、

子どもらを連れて石坂さんと一緒に山に行きたいな」

と植野くんは言った。

そしてラグビーの話題になる。

今晩のラクビーワールドカップの日本対スコットランドの試合を一緒に見よう!と

植野くんが浅野さんも誘い、子どもを連れて私たちの宿舎に来ることになった。

宿舎に帰る途中、かたつむり食堂で風呂づくりをしていた石坂さんに会う。

「キノコ汁作ったから食べていかないか」

と石坂さん。

中に入ってキノコ汁をいただく。

植野くんが子ども連れてキノコ採りに行きたいと言っていたことを伝えると、

「明日の午前中行くか。」

ということになった。

もちろん撮影させてもらう。

この日、石坂さんは撮影しているにもかかわらず、

ずいぶんプライベートなことも話をしてくれた。

宿舎に帰り、機材整理、データのバックアップなどをすませ、

夕食の支度。

19:00すぎ、 浅野さん、こうちゃん、植野くん、イサ、カナ、ミナトがやってくる。

子どもらは、しばらく家の中を走り回る。

浅野家の水の出がちょろちょろになってしまったそうだ。

台風の影響で水源のパイプが詰まったかもしれないので、

明日水源を見に行くことにしたとのこと。

結構ハードな山道らしい。

その撮影もすることになった。

炭コタツに入りながら賑やかな夕食。

ラクビーの試合が始まる。

あの強いスコットランドを相手に、とてもいい試合をしている。

素晴らしいトライも決めた。

見ていて感動する。

そしてなんと日本が勝った!

みんなで大いに喜んだ。

私たちの撮影とシンクロして神がかっているなあと思ってたら

一坪くんが同じようなことを言った。

明日は午前中が石坂さんと植野家のキノコ採りの撮影、

午後が浅野さんの水源チェックの撮影。

最終日に一番体力的にハードな撮影となった。

気を引き締めていこう。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用