空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 冬 vol.37

令和二年12月16日

7:30 信級へ向かって出発。

雪はなく、快晴。

12:30 のぶしな到着。

予想していた雪景色はなく、秋の枯れた感じだった。

今回は日向畑の吉澤哲明さん(てっちゃん)のお宅を宿舎として使わせていただくことになった。

家の前に車を止めると、向かいの加藤さんの奥さん、メリーさんに会う。

お隣の村田さんのおじいちゃん(みんなはマルカさんと、屋号でよんでいる)が数日前に亡くなり、今日お通夜なんですと話してくれた。

前回、てっちゃんを家の前で撮影していたときに、収穫した白菜を抱えて前を通って行ったおじいちゃんだ。

「マルカの兄さん」とてっちゃんが慕っていた人だった。

撮影に来る度に、一人、また一人と欠けていく寂しさを実感する。

てっちゃんはりんごの配達のアルバイトでいない。

夕方に帰ってくるとのこと。

まずは車から荷物を玄関に運び込む。

てっちゃんの家は昔旅館をやっていたのでいくつも部屋がある。

でも一人暮らしのてっちゃんが使っている部屋は一つだけ。

その他の部屋を見てみると・・・

ムムム・・・かなりの掃除と片付けが必要。

3部屋をなんとか寝られるようにしなくては。

一つ問題があった。

秋の台風以降、水がちょろちょろしか出なくなっていた。

そしてお湯が出ない。

ちょろちょろでも出ているだけいいとしよう。

お湯はガズコンロで沸かせばいい。

あれ、ヤカンが、ない。

使える鍋なども、ない。

一坪くんが到着するまで時間もない。

長野駅まで迎えに行くことをやめ、

信州新町までバスで来てもらうことにした。

とにかく掃除だ。

向かいの浅野さんに電話したら、ヤカンと鍋は貸してくれることになった。

よかったー。

15:30 信州新町へ一坪くんを迎えに行く。

帰りに豆腐や肉、野菜などを買う。

植野家に寄り、ご挨拶。

てっちゃんちに戻り、再び一坪くんと掃除開始。

私は一階の居間の隣の部屋、一坪くんは二階の部屋に寝ることにした。

二階の窓から、かたつむり食堂の方がよく見える。

また違う角度から見る景色もいいなあと思った。

てっちゃんが帰ってきた。

「おお、好きにやって。」

とニコニコと言った。

夕食づくり。

私はご飯をたく。

一坪くんがシチューをつくる。

水もちょろちょろ、お湯も出ないこの状況も楽しめる一坪くんが心強い。

持ってきたチーズ、シチュー、ご飯を3人で食べる。

牛乳と玉ねぎと芋と味噌、あるものでつくってくれたシチューは美味しかった。

明日から天気が崩れる予報。

さあ、明日から撮影だ。

22:00 就寝。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用