空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 冬 vol.39

令和二年12月18日

7:00 起床。朝食。

目につくところを掃除。

9:00 関口さんの炭小屋へ。

ちょうど窯に火をつけるところだった。

雨は少し降っていたが、風はなし。

木材をチェーンソーでカットし、

窯の中が満杯になるまで木材を入れていた。

白樺の皮がスターター。

北海道ではがんびの皮という。

私も薪ストーブをつける時によく使った。

関口さん、なかなかうまくマッチを擦れない。

「お願いがあります。マッチを擦ってください。」

と関口さんが私に言った。

無事に火がつき、白樺の皮を窯の中へ。

雨が降って湿っているので何度か白樺の皮に火をつけ窯に入れた。

そして手動の風を起こす機械をグルグル回して、火に勢いをつける。

イチローさんが散歩でやってきて、また大きな声で関口さんに話しかけた。

カナタに勤め出したカモちゃんも散歩で通っていった。

炭小屋の雨樋から落ちる雨水はドラム缶に溜まっていく。

なんともいい音だった。

そのドラム缶の水を汲み、窯の炊き口の脇の土の上に垂らし、灰や炭の砕けたものを混ぜ、スコップで練る。

その泥で焚き口の穴を塞ぐ。

一段落すると、

「中で座って話をしよう。」

と関口さん。

焚き口の前に座り、関口さんの話を聞いた。

炭のこと、信級のこと、中国旅行のことなど。

お昼の音楽が流れた。

午前中の撮影は終了。

関口さんも家へと戻っていった。

私たちも宿舎へ戻り、ご飯と味噌汁と缶詰で昼ごはん。

 13:30 午後の撮影へ出発。

川を挟んだ向かいの浅野家へ。

浅野さんは25日から東京へ炭盆を売りに出稼ぎに行く。

持っていく炭盆を選ぶ作業をしていた。

これだけたくさんの炭盆が揃っているところを初めて見た。

関口さんが焼いた炭を買い取り、

適当なサイズにカットし、植物を植える穴をあけ、

植物が大好きな奥さんのユミコさんが、植物を植え付け、

根付くまで世話をして、値段を決め、そして販売。

東京の駅の構内や百貨店などで対面販売をし、

お客さんに炭盆というものを説明しながら販売をしている。

枯れちゃったら、持ってきてくれたら植え直しもしてくれる。

炭盆が縁で信級にきてくれたお客さんもいるそうだ。

都会の暮らしにこそ炭盆は良さそうだ。

炭盆の小さな世界に季節を感じ、愛でられる。

少し大きめの赤い葉をつけた炭盆があった。

「これすごくいいですね。」

と私がいうと、

「これは浅野家の炭盆なんです。いつも販売用のばかりつくっていて、自分の家のがなかったので。」

と浅野さんが言った。

家族の人数と同じ4本の木が植えられていた。

雨もやんだ。

ユミコさんがお茶を入れてくれた。

そして今建築中の作業小屋を案内してくれた。

石坂さんに小屋のつくかたを教わりながらやっているそうだ。

それから、浅野さんは日向畑の貯水地に連れていってくれた。

歩いて10分くらいのところにあった。

中を開けて見てみると、

「今まで見た中で一番水が溜まってるー!

いつも水が出なくなったトラブルの時に来るからかー」

と浅野さん。

「水がいっぱい溜まっているって安心感がありますね。」

貯水槽の上にはいい苔が生えていた。

「これ、炭盆にいいんじゃない?」

と私。

帰り道、浅野さんがしみじみ言った。

「ここへ来る道、脇の草刈りとか、亡くなったマルカさんが一人でやっていたんですね。じゃないとこんな綺麗じゃないですもんね。」

水のトラブルの時は、マルカさんが、「じゃあ、あそこ見て見たら」

と詰まりやすい箇所、壊れやすい箇所を把握していた。

そのマルカさんが亡くなり、日向畑の水のことを知る重鎮がいなくなったのだった。

そして当信神社へ。

しめ縄を撮影。

23日、集落のみんなでこのしめ縄をつくるのだ。

17:00 宿舎へ戻る。

早く帰ってきたので、夕食を作ることにした。

私はご飯と味噌汁。一坪くんが白菜と鶏肉のカレー風味のおかずをつくる。

てっちゃんは最後のバイトを終え、風呂に入って帰ってきた。

3人で夕食。

19:30 さぎり荘へ一坪くんとお風呂に入りに行く。

柳屋さんに電話。

20日、信州新町までバスで来てもらうことにした。

帰ってきて23:00 就寝。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用