空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

信級日記 令和2年秋 vol.56

 

2020年10月19日 曇りのち晴れ

ゆっくり起床

9:00 朝食。パン、チーズ、目玉焼き、りんご、ヨーグルト、ジャム、コーヒー。

13:00 チカオさん、心ちゃん、植野くんなどの予定など聞がてら、町に買い物に行こうと。念のため撮影機材は車に積む。

まずチカオさんの家に寄る。

「野沢菜を漬けたから味見するかい?」

とヒロコさん。

いい味。美味しい!

「これから長者の畑の電気柵のチェックに行く。あんたら来るなら野沢菜採ってこようと思うけど」

とチカオさん。

今日の休みはやめて、撮影することに決定した。

チカオさんの軽トラの後をついて長者へ。

途中、先日話をしてくれた植林した杉の林の前で止まって説明してくた。

チカオさんの畑に到着。

 

電気柵のチェックに続き、野沢菜の収穫、茗荷の収穫をする。

下から雲が湧き上がってきたり、お日様が出たり、なんだか幻想的な雰囲気の中での撮影だった。

 

そして長者の山へ行くか、と言うことになり、

長者の山の家の駐車場に車を止め、そこから機材を持って歩いて山頂へ。

柳屋さんは録音機材を持っての山登りになった。

チカオさんは、スタスタを山を登ってゆく。

私たちはふーふー言いながらついていった。

チカオさん、とても80歳を超えているとは思えない足取りだ。

 

途中、横道に逸れてキノコを採ったりしながら、山頂を目指す。

チカオさんの後ろにつき、キャメラを回しながらついていくと、

目の前が開けてきた。

「今日はすごいな」

とチカオさんがつぶやいた。

すると、アルプスの山々が目に飛び込んできた。

見事にアルプスの山々が見渡せた。

雲海が刻々と表情を変えていく。

「こんな日滅多にないぞ」

とチカオさんも山々に見入っていた。

 

壮大で美しかった。

いつまでも見ていたかった。

夢中で撮影した。

 

5時の音楽が同時に2種類聞こえてきた。

夕日が山の向こうに沈んでいき、雲の色が紅くなり、青空が見えてきたり

一瞬一瞬変わっていく色。

名残惜しかったけど、山を下った。

 

 

途中、チカオさんたちが植林したところがあり、

そこにカラ松の原木がある。

このカラ松は植林した時に立派だったので切らずに残した木だ。

これを見にいくことにした。

整備されていないので、笹の藪がすごいので、録音機材を持っては危ないので、

私だけついていくことにした。

結構な急斜面で藪。必死に撮影しながらついていった。

途中チカオさんを見失ったけど、なんとか合流してカラ松に辿り着いた。

確かに立派な木だった。

チカオさんと木と記念撮影をした。

今日は休むはずが、予想していなかった展開になり、しかも天気も最後に晴れて

アルプスの山々を見渡すことができた。

なんて素晴らしい日だったのだろう。

チカオさん、ありがとうございました!!

体力消耗したので、ひはら食堂で晩御飯を食べ、さぎり荘で温泉に入って宿舎に戻る。

機材整理をしてバタンキュー。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用