空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

アーカイブ  自主上映情報

「風のたより」信級上映会

2017年9月10日。

旧信級小学校での「風のたより」上映会。

濃密で、そしてあまりに感動的な時間でした。

今もまだその続きにいます。

植野翔という男に出会えたこと、

とっても嬉しいです。

植野くんが信級に移住して8年になるそうです。

連れ合いの香緒理さん、イサナとカナタという双子の男の子、そしてその下にミナトという男の子の5人家族です。

6反の田んぼで米をつくり、炭を焼いて、玄米コーヒーをつくっています。

信級の技や知恵を引き継ぎ、次の世代に手渡していきたいと心から思い、

行動している男です。

植野くんがこの8年の間、どのようにこの地でやってきたのかが

今回の「風のたより」上映会で私の心にまっすぐに響きました。

信級のみんなの精神的な支柱である旧信級小学校を会場にしたこと。

お客さんが50人以上も来てくれたこと。

その大半が村のおじいちゃんやおばあちゃんでした。

3時間という長い映画を全部見てくれただけでなく、

村の重鎮の方たちが、映画の感想や想いをみんなの前で話してくれたこと。

感動で涙がこぼれそうになった人が少なからずいました。

信級をもっと面白く活気のある村にしようという機運が高まって

のぶしなカンパニーの寺島純子さんが、この5月にかたつむり食堂をオープンしたばかり。

そしてこの「風のたより」上映会を機に、のぶしな坐をみんなで立ち上げました。

そういうタイミングで開催された上映会でした。

9月10日、信級小学校で、みんなの想いと「風のたより」がシンクロしました。

のぶしなの人たちと、そして、のぶしなが大好きな外の人たちと一緒になって

のぶしな坐が動き出しました。

次のステップへつながる確かなものがここから生まれたのです。

私はそれが何より嬉しいことでした。

映画の力はすごいです。

そしてこの映画をつくって本当に良かったー!と心から思うのです。

打ち上げはかたつむり食堂。

信級は、お店はここだけ。

自動販売機もありません。

ここで炭焼きの関口じい、吉沢さん、石坂さん、心一朗くん、そしてka na taのてっちゃん、浅野さんなどたくさんの地元の人たちも集まり、宴が始まりました。

てっちゃんの即興のギター、すごくいいです。

聞かせます。

そして、この夜、植野くんは舞ったのです。

その舞はこの場の、この夜の舞。

植野くんの肉体から、今の植野くんが溢れ出していました。

植野くんがどれだけ嬉しいか。

きっと私の想像を超えるくらい嬉しかったのだと思います。

きっといつも舞えるわけではないのだと思う。

その場といる人たち、そして自分の気持ちが乗った時にしか舞えないのではないか。

私がお酒を飲んでいつでも酔っ払うとは限らないように。

というのは植野くんに失礼かもしれないけど、予測不能という点で、そんな感じに近いのではと思うのです。

信級。

土地も素晴らしいけれど、何より人が魅力的。

また行きたくなるところです。

いつか、信級の風の音と共に、田んぼで舞う植野くんを見たいと思いました。

ね、師匠。

植野翔さん、信級のみなさん、ありがとうございました!

9月10日の「風のたより」信級上映会を主催してくれた信級玄米珈琲の植野翔さんが、
上映会が終わり、フェイスブックに以下の文章をアップしました。
了承を得て、ここに記します。

打ち上げより。左が植野翔さん、右がかたつむり食堂の寺島純子さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上映会無事終了しました!

皆様のご協力のおかげで、50人以上のお客様に来ていただきました。

3時間という上映時間、満員で熱気がこもった部屋の中、

最長91歳という平均年齢が非常に高い上映会。

体調を崩す方が出ないか、途中の休憩でほとんど帰ってしまうのではないか等、

上映会中もとても不安だったのですが、終わってみるとみんな残っていてくれて、

しかもしっかりと観てくれていました。

上映会後は、感動的な感想が続出。涙をこらえながら聞いておりました。

信級の教養を引っ張ってきた中村さんからはこんな感想を。

「昔、信級から医者になった寺島先生という方がいて、大間が最初の赴任地で、

過疎地の診療所を転々とし最後は信州新町日原の診療所で地域医療を支えていました。

その寺島先生が途中から一緒に観ているような気がしてならなかった…」

田代監督をはじめとする新たな出会い、信級住民の知らなかった一面との出会い、

映画の中の人や3.11直後の頃の過去の自分との出会い、様々な出会いがありました。

いつも応援してくれるKジジは

「若い者が頑張っているのだから、行くのが当然だろう」

と住民を誘ってくれたり、

炭焼きの恩師の関口ジジからは

「信級の潮目が変わった」と言っていただいたり、

信級のご意見番のTジジからは

「信級小学校の保存再生のプランを提案して欲しい」

と言ってもらえました。

スタッフとして支えてくれた移住者の方は今まで隠していた一面を見せてくれたり、

かたつむり食堂と住民との絆が深まったり、

県外の人が信級を大好きになってくれたり、

私は数年ぶりに踊ったり…

映画をきっかけに

みんな少し近づくことができたように思います。

信級がますます好きになりました。

本当にやってよかったです。

私の司会以外、とても素晴らしい上映会となりました。

ご来場下さった皆様、集客を手伝ってくれた皆様、

のぶしな坐を一緒に立ち上げてくれたのぶしなカンパニーの皆様、

スタッフとして手伝ってくれた住民の皆様、

スタッフの食事作りや懇親会を開催してくれた食堂かたつむりの皆様、

暗幕提供他色々と支えてくれたka na taの皆様、

栃木から助っ人でかけつけて駐車場誘導と子守をしてくれたCoco Ariさんと久松富士夫さん、

北海道から来たデザイナーの小菅夫妻、信級に何度もきてくれている山本梓さん、

この映画を紹介してくれて前日の準備も手伝ってくれたかめ設計室の羽渕さん山田さん、

そして途方も無い撮影と編集に命を削った田代陽子監督…。

本当にありがとうございました。

のぶしな坐 言い出しっぺ 植野翔

もうすぐ長野県・信級上映会です

9月10日(日)、いよいよ長野県の信級で「風のたより」上映会です。

廃校になった信級小学校で上映します。

私ももちろん参加します♪

そして、栃木から、ありちゃん、富士夫さん、

北海道からは「風のたより」の題字、フライヤー、ポスターを製作してくれた小菅夫妻、

東京からは、あずあず、

千葉からは、信級に繋いでくれたかめ設計室のハブちゃん、山田ちゃんも

信級に来てくれます。

いやー楽しみでなりません。

信級、写真でしか見たことないけれど、美しいところのようなので

少しいいカメラを持っていこうかなと思ってます。

興味のある方はぜひご参加くださいませ。

時間  13:30上映開始(13:00開場)

途中15分程休憩(玄米珈琲も飲めるようにする予定です。)

会場  旧信級小学校(信級公民館)

*16:50〜 交流会

終了後(18:30頃を予定)、かたつむり食堂に移動し、懇親会。

(要予約、1000円会費、ドリンク別)

料金 前売り1500円 当日1800円

問い合わせ・予約連絡先 090-6199-9834(植野翔)

のぶしな坐FBページ

https://www.facebook.com/nobushinaza/

のぶしな坐メールアドレス

nobushinaza@gmail.com

「風のたより」上智大学上映会 その3

上映会の後は、場所を移して交流会。

山田農場のチーズとラムヤートのパンを食べながら。

いい上映会となって、田村先生も嬉しそうでした。

参加者の方、一人づつ、自己紹介。

様々な方々が参加した交流会。

みんな思い思いのことを話しました。

学生さんたちも、色々な経験をされた方々のお話が聞けて楽しそうでした。

今度は、学生が主催となって、私の1作目の映画「空想の森」を上映しよう!

ということになりました。

牧野さんが、中心となって進めていくことになりました。

若い人たちと一緒にやるってなんだか嬉しい。

田村先生、グローバルコンサーン研究所の方々、内田さん、そして参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

また、一緒に上映会をやりましょう!!

そして、四谷でカンパーイ!!

お疲れ様でしたー。

素晴らしい上映会にカンパーイ!

「風のたより」上智大学上映会 その2

受付は学生さんたちがやってくれた。

左から、牧野さん、塩田さん、折野さん。

みんな学部も学年も違う。

続々とお客さんがやってきた。

「風のたより」の製作・撮影に協力していただいた関東の方々も結構来てくれた。

みんな集中して見ていた。

時折、クスクス笑いもあり、とってもいい感じで私は嬉しかった。

上映後、「風のたより」のこと、そして先日の「風のたより」関東ツアーのことを

写真をお見せしながら、お話をさせてもらった。

栃木の山のようちえんでの野外上映会、栃木・伊王野・陣屋での上映会、群馬・あっちゃーファームでの上映会、栃木・益子での上映会・・・

千葉・チーズ工房千での上映会は時間がなくて、話ができなかったのが残念。

話すこと、あんまりないなあ、なんて思っていたらとんでもない。

話すこと、たくさんありました。

こんな上映会も自分たちでできるってこと、それがとても面白いってこと、そして人が繋がっていくことをみなさんにお伝えしたかった。

そして、今年10月に開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門に「風のたより」が上映されることもみなさんにご報告した。

そして、この映画に関わってくれた人が何人もいらしていたので、

その方たちにも少し話してもらった。

山形国際ドキュメンタリー映画祭の東京事務局の若井さんも見にきてくれた。

若井さんはメールでやりとりしている人だった。

これには驚いた。そしてとても嬉しかった。

この近くに東京事務所があるそうだ。

この日集まった人たちで、山形国際ドキュメンタリー映画祭を知っている人は少なかったので、若井さんに山形映画祭の宣伝をしてもらった。

私の小学校の同級生・内田佳子ちゃん。

新宿駅地下の雑踏の中で、23年ぶりくらいの偶然の私との再会から今までのことを話していた。

左から、函館の撮影でお世話になった野村さん、私、山形東京事務局の若井さん、

そして英語字幕をつけてくれた早川由美子さん。

早川さんは、私と同じ、ドキュメンタリー映画のつくり手だ。

字幕の作業で何回も何回も見ているのに、また見にきてくれた。

本当にありがたい。

象設計集団の富田玲子 さん。

見にきてくれたのはこれが2回目。

左から2番目の方が、千葉の菅野さん。

函館の大間の裁判で出会った方で、大間訴訟の会の竹田代表の友達。

菅野さんが千葉のお友達と一緒に見にきてくれた。

そんなわけで、とてもいい上映会となりました。

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

トップに戻る このページの頭に戻る

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用