空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

愛知県名古屋市・シネマスコーレにて 2009年1月10日~16日

「空想の森」感想いろいろ
2009110日~16日・愛知県名古屋市
シネマスコーレにて

映画を観ている間、いろんな事を想い、感じ、考えました。多過ぎて何から書こうか迷いますが・・・。(いっぱいありすぎても出てこなくなるのが困り物。)一つだけに絞りました。大学のとき愛知県伊勢市の「藍ちゃんの家」と富山県にある「このゆびとーまれ」の2つのデイサービス施設におじゃましました。こうした場所で、スタッフと利用者と近隣の住民とが自由に出入りしながら仕事のすきまを見つけながら見るのもステキだと思いました。おこられるかもしれないですが。でも、この映画は「焦る」必要がない映画でのほほんとした♡なものだから、きっとゆるされるます。共働学舎とはちがいますが、(ちがうかもしれませんが)子ども、老人、成人、障害者が一緒の空間を共有できる事、自分の好きな事、自分のやりたい事を(自分の事ばかりですが)考えていました。もちろん映画のさりげない素朴さ、日常よくあるケンカの素も笑顔で声をあげて笑ってしましました。
(女性・22歳・看護師)

映画の感想をとのことだったのですが、映画館では全く時間がなく、持ち帰って書くことにしました。ですから、少し長く書きます。農に感心を持つようになったのは、3年前ほど前、家の近くで有機農業で生計をたてている人たちが朝市を始めたことがきっかけでした。おいしい命の糧とめぐり合い、そこから生活を見るとあらゆるものが人まかせの「金主主義」で動いていると感じるようになりました。そんな私に「空想の森」は心の奥までしみこんで入って来るようでした。それに、思いがけず監督に会え、映画の魅力は倍増しました。聞き覚えのある声のナレーションばかりでなく、画面にあっ!という具合に。いくつかの畑仕事やチーズ作りでは手作りの道具や作業の様子をとても興味深く思いました。しかし、何よりもよかったのは、人としての生き方を語ってくれたことです。「お金はなくてもまきがたくさんある」くらし・・・そうだよねえ。私にはまだできていないけど・・・。憲一さんのこの言葉は、親せき中の反対をおし切って会社を勤めをやめて有機農業を選んだ人が、「人は収入が不安定だというけれど、家中食べ物がいっぱい、これほど豊かなことはない」と言っていたのと同じだな、と思いました。食事中の宮下さんがわざわざ立ってTVを消したシーンもすごく心に残りました。登場する人々がそれぞれに何を選んで生きていこうとしているかが伝わってきて、とてもすてきでした。「なんでいっつも忘れるのー」と叫ぶ文代さんにとても共感したのですが、カメラの前でこんなに自然体でいられるのはなかなかできないと思いました。山田さん一家の出した結論も人のつながりについて考えさせられました。人々のくらしの一部になって、ていねいに手作りで作ったからこそ、ひき出し、伝えることができたのだろう、と思いました。
(女性)

どのシーンも幸福感にあふれていましたので、何度も何度も泣けてきました。日常何気に暮らしていることが、どんだけしあわせなことか・・・。自分の人生、これで本当に良いのか、まだやりたいことをやりきれていない自分がいるような。観ながら胸がドキドキしてました。これからも、もっともっとたくさんの人にみてほしいし、もっと映画をつくっていってほしいなと思っています。
(女性・37歳・主婦)

キセキ的な内観映画。ここまでプライベートだと社会性があらわれる。うつくしいひかり。
(男性・36歳・大学院生)

自然な生き方が心地よかったです。「夫婦」について考えさせられました。ゆたかな生き方って何か考えられました。自然があること、仲間がいること、いろいろ考えました。自分が少しずつ動いて考えて、周りの人のことも思いやって、それでも自分のしたいことをしている聡美さんと、自分を重ねていました。とてもよかったです。人にもおすすめしたいです。あきらめないで「希望」をもって生きていれば、仲間や環境に出会えると思いました。現実に流されないで、心を大切に前へすすむ生き方をしたいです。
(女性・24歳・流通業)

13年くらした新得の共働学舎をでて8年たちました。自分たちがくらした場所をあらためてふりかえることができました。大越さんや名木野君らがとてもいきいきと自然に写っていてよかったです。
(男性・45歳・農業)

公立中の教師です。田代さんはすごい人ですね。学校の上映ができればと思いますが・・・。今どきの中学生に見せたいなあ。考えさせたいなあ。感じさせたいなと思います。次回昨も楽しみ。
(公務員)

すごくよかったです。しばらく席を立てませんでした。学舎の人たちも変わらない姿が見れたり、変わっていっている姿も見れたり。望さんの本を取り寄せてちょうど読み終え、感極まっている所だったので、パコーンと胸にきました。生き方とか、日常にまぎれて流してたことを向き合う所にたちかえりました。もっかい観たいっス。おつかれさまです。これからもがんばって下さい!
(女性・34歳・学童保育所指導員)

生き方、価値観を変える時代に若い人たちが気負わずに新しい動きをしていることに感銘を受けた。
(男性・72歳)

自分とはかけはなれた日々を送っている人々がいるのだと思うと日々の自分の生活をはずかしく思いました。この人達がいる日本はすばらしいと思いました。たくましい子育ても自分が育った50~60年前の日々を思うとなつかしいです。
(62歳)

出演者の皆さんの素敵な笑顔を見て、いつも何かに追われている自分の生活を見直してみたいと思いました。「幸せ」とはこのような生活なのではと思いました。
(37歳・会社員)

規模は全く違う家庭菜園を楽しんでいますが、精神は同じだと思いました。共働学舎の経営はなりたっているのか。夫婦でやっている方の子供たちの外に出ている費用は心配ないのか。野菜、チーズの販売状況、経路はどうなっているのか。たとえば、共働学舎のチーズは我々にもかんたんに手に入るのか。
(女性・59歳)

映画の中に出てくる人全員が自然体で、多分撮影者との信頼関係が深いのだろうと察しました。出演者を通じて、監督の人間性が良く出ており、とても興味深かったです。ただ、何を伝えたいのか、それが不明確なようにも感じられました。正直に申しますと・・・。「限られた世界の、限られた人たちの物語」という印象が少し否めないような感もありました。
(女性・25歳・小売業)

昨秋に続き2度目ですが、前回のを覚えている所も勿論、初回の印象が薄かった所が少しありましたが、それも新鮮でみんな観てよかったと改めて思いました。又、機会があったら観ようと思います。この映画をつくって下さってありがとうございました。
(62歳)

登場人物が皆反応が自然で、けっこう厳しい自然の中でたくましく生きている姿が楽しげな雰囲気でえがかれていて良かったです。
(女性)

I think the first sceue sums up the feeling it the whole film from a scenery of vast emptiness we are taking to a place where people are trying to make a different kind of living and trying to be happy with what they have around.
(男性)

とてもよかった。若い人だから出来ますが、年々体力がどうかしら。チーズ造りでレンネットを入れ凝固させる所でプラスチック製のゴミトリの様なもので拡はんしていたのは不満です。折角大切に育てたものですし、作り方もすばらしいですから木製でやってほしいです。私も若い頃15~20は田植えも草取りもはって手でやり、あまり農薬も使っていませんでした。私76歳です。女性。私名古屋市内で15年家の庭で野菜を作っています。キューイフルーツもとれました。
(女性・76歳)

私とは、ほぼ真逆な」ライフスタイルの方々の行き方は、改めて人生や生きがい、生きることについて考えるきっかけとなり、羨ましく思う反面、私は私なりの生き方をすれば良いのだと・・・。とにかく心が暖まり癒される作品です。
(無記名)

田代陽子さんに初めて会ってお話出来て良かった。聡美さんの心の葛藤がよく分かり、今頃あかりちゃんはどうしているのかな、とか、孫が同じ位なので可愛想に思ったりもしました。私も独立をした方が良いとも思いましたが大家族のようなきづなで生きていくのも賛成です。10年、20年後の様子も知りたい。宮下さん夫婦も明るくていい方と思いました。田代さんの苦労話も聞けて今は来て良かった。
(無記名)

食べものを作って生きていく人々に、少し後ろめたさを感じました。見て良かった。
(無記名)

空白時間を埋めてくれるような満たされた思いです。聡美さんは一年間のルームメートでした。
(女性)

すごくよかったです。新得で暮らす人々のありのままの生活、つながりが淡々とえがかれてあって、気持ちがジワーと気持ちよくなりました。ありがとうございました。
(男性・32歳・酒屋)

迷っていたのですが、観に来て良かったと思いました。
(女性・59歳・保育士)

私達夫婦が今現在、不耕き栽培の田んぼ、畑耕作とやっていること。
(女性・66歳)

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用