空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その79 トロピカルツアー 波照間島 vol.15

波照間の宿・照島荘。

2010年12月10日。晴れのち曇り。上映会前日。

1便の船で石垣から奥田さんがやってくる。

宿のおかみ・星さんと港へ迎えに行く。

船から降りてくるなり奥田さんは「昨日石垣の港で陽子さんを見送っている時から波照間に行きたいと思っていました。」と言った。

そして星さんは私たちを、ニシ浜、ペー浜、島の最南端に案内してくれた。

天気がよく海の青のグラデーションが目に鮮やかに飛び込んでくる。

今の季節がわからなくなってくる。

まあるくあいた岩の間から見えるブルーがキラキラしていた。

ここに海ガメも泳いでいた。

全国の石が埋め込まれている。

ペー浜。ニシ浜より小さくていい感じ。

星砂がたくさんあった。

やどかり。

文代さんのヤドカリの話を思い出した。

その話は後日書きます。

午後。

機材セッティング。

ナオコさんが中学校から借りてきてくれたスピーカーやアンプ、ミキサーなどを店の中に運びこんだ。

14:00過ぎ、島でバンドをやっている龍ちゃんが、休憩時間にセッティングに来てくれた。


骨折していて不自由なのにセッティングをやってくれたリューちゃん。

みのる荘の息子さんで働き者。

縄跳びをしていてで骨折したらしい。

音はすんなりと出たが、DVDデッキで画が出なかった。

ナオコさんが学校に電話をかけて必要なコードの手配をしたりして、なんとかパソコンで画が出るようになったが、差し込み口の接触が悪く、画が出たり消えたりとても不安定な状態だった。

それでDVDデッキでもう一度チャレンジしてみたら今度はちゃんと画が出たのでホッとした。

一時はどうなることやら心配だったが、3時間くらいあれこれやってようやくなんとか上映できることが確認できた。

龍ちゃん、ナオコさんありがとうございました。

店ではすでにパンフとCDを販売してくれていた。

ナオコさんは非常に段取りがよく、効率的にモノゴトをすすめてゆく。島中に「空想の森」のチラシ・ポスターが張ってあった。

小さい子供が二人いて、店も一人で切り盛りしながら上映会の準備はさぞかし大変だったろうと思う。

本当に感謝です。

「せっかく苦労して機材をセットしたし、上映翌日の日曜日、ここで近所の子供たちを集めて何かDVDを見ようかな。」とナオコさんが言った。

それはとてもいいアイデアだ。

この島は映画館もレンタルビデオ屋も本屋も図書館もない。

大きな画面と大きな音でみんなで観たら、子供も大喜びするはずだ。

それから今度はパソコン仕事。

ナオコさんのところで私のパソコンでネットがつなげるように、ナオコさんのパソコンを設定した愛媛県の林さんとやりとりをした。

夜7時半過ぎ、ようやく目鼻がついた。

しかし結局つながらなかった。

宿に戻ると、奥田さんと男性2人のお客さんはすでに夕食を食べ終わっていた。

私は遅れて食事をしながら今日あったことを話した。

星さんの手づくりの食事はとてもおいしく、みんなで話しながら食べると更においしく感じる。

照島荘は居心地のいい宿なのだ。

奥田さんもこの宿と星さんが大好きになったようだ。

明日はいよいよ上映会本番だ。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用