空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その81 トロピカルツアー 波照間島 vol.17

2010年12月12日。晴れ。

なんだかんだでアッという間に時は過ぎていく。

私は気分は高揚しているのだが体はかなり疲れがたまってきている。

9:00過ぎ、朝食。

朝食後少し部屋で休んだ。

奥田さんが今日の最終便で石垣に戻る。

天気がいいので、星さんは奥田さんを港に送りがてら、島を案内してくれた。

コート盛の少し先に学童慰霊碑がる。

戦争中、波照間の子供たちが西表に強制的に疎開されられ、マラリアにかかり多くの命が失われたのを慰霊するためのものだ。


説明する星さん。


学童慰霊碑から西表島をのぞむ。うっすら水平線に見えるのが西表島。

この碑は西表の南風見田(はえみだ)の浜に向かって建っている。

西表でまゆみさんに案内された忘勿石の傍らにも碑があった。

その碑にもマラリアで亡くなった学童の名前が記されている。

今日は晴れていて西表島がよく見えた。

南風見田の浜の白い砂浜がうっすら見えた。


サンゴの浜。小さな浜。

緑と白と青のコントラストが目に鮮やかな浜なのだ。


サンゴの浜


ニシ浜。陽射しがあると深いブルーがいっそう引き立って見える。

12月に真夏の世界にいるのがやっぱり不思議な感じだ。

シュノーケリングでもしたくなってくるが、上映の旅が終わるまで体調を崩さないようにしなくてはいけない。

ガマンガマン。

16:45の最終便で奥田さんで帰っていった。

星さんは船が見えなくなるまで手を振って見送っていた。

そして星さんは、第二コート盛と呼ばれるところに、夕陽を見に連れて行ってくれた。

素晴らしい夕陽だった。

太陽が海に沈むまでしっかりと見たのは初めてだと思う。

空と海と雲。刻々と変わる色。

またこの島にゆっくり来たいと思った。

星さんと二人で夕ご飯。

野菜がたっぷりで私は星さんの料理が大好きだ。

明日はこの集落できび刈りを一緒にやりたいと思っていたのだが、体が疲れていて少し風邪気味なので大事をとってやめることにした。

ほんとはすごくやりたいのだが・・・。

映画をいっしょにつくった録音の岸本くん、撮影の一坪くん、整音の久保田さん、英語字幕の山之内悦子さんに電話をしてトロピカルツアーの報告をした。

昨日仲底商店で、あがた森魚さんの話になり、どうしているかなあと思い、あがたさんにも電話をし、ひとしきり話す。

それから那覇でお世話になった直美さんにも電話。

日本最南端の島で、私はみんなととても近くにいるような感覚になった。

夜、外に出て空を見上げると星がたくさん見えた。

ちっぽけな自分だが、満たされた気持ちだった。

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用