空想の森 RSS Feed
 
 
 
 

旅する映画 その87 トロピカルツアー 石垣島 vol.23

2010年12月18日。晴れ。石垣島・あむりたの庭、そして音楽にて。

ブラボー!石垣・あむりたの庭上映会!!打ち上げにて。

左から私、内藤由美さん、西村隆さん、上映会主催者の宮本進吾さん。

内藤さんの家からの眺め。


向こうが私の部屋。


内藤由美さん。

8:00過ぎ。起床。

いい天気だ。

気持ちはワクワクしているが体が疲労している。

内藤さんが緑茶を入れてくれる。

そして朝食兼昼食を食べに行く。

車で少し走り、きび畑の脇の湯しどうふ屋さんへ。

開放的で私の好きなたたずまいの店だった。

店のおばさんもゆったりとしていてとても感じのいい人だった。

私は湯しどうふセット大、内藤さんは湯しどうふそば中を頼んだ。

きび畑の脇には飛べない鳥・クイナがチョコチョコ歩いていた。

店の周りにはピンクや白のブーゲンビリアが咲いていた。

目白やすずめも遊んでいた。

この店の空間がなんとも心地よかった。

湯しどうふが体にしみわたるようだった。

このセットで450円。また違うメニューを食べてみたい。

それから内藤さんは白保海岸を案内してくれた。

空には石垣空港に発着する飛行機がよく見えた。

海は沖の方までさんご礁が続き、浅瀬になっている。

その境目に白波が立っていた。

海岸はサンゴの白、そして浪打際にはアオサの緑が一面にはりついていた。

そこにアオサ取りに来ていた金城めり子さんと少しおしゃべり。

白保の集落は波照間からの移住者が多いそうだ。

海沿いに昔ながらの赤瓦の家が寄り添って並んでいる。

その中に、赤瓦の家のケーキ屋さんがあった。

これまたいいたたずまいのお店。

中に入るとおいしそうなケーキが並んでいたので、2種類ずつ買って店の奥の座敷で食べた。

とってもおいしかった。

それから内藤さんの家に帰り、私は少し横になって休んだ。

15:00前に内藤さんが起こしてくれた。

疲れがどっと出て体が重かった。

これからが本番。

藤さんの車であむりたの庭に向かった。

店に着くと、もう宮本さんは上映準備にかかっていた。

内藤さんと3人で、店の中の机や椅子を外に出し、掃除をして、機材のセッティングにかかった。

最大限画面が大きく出るように調整した。

音も、きちんと中音が聞こえるように調整した。

なかなかいい画と音になり嬉しかった。

宮本さんは実験映画や音楽をやっていた人なので、作り手の気持ちがとてもわかる人だ。

内藤さんは、物販のポップを書いてくれた。

前の方はビニールシートを敷き、座り席。

後ろと端の方は椅子席にした。
こうやって一緒に会場をつくったり、機材をセッティングしたりしている時間が私にはとても大事な時間に思える。

これはどの島でもそうだった。

一緒にやる作業の中で、その人のことがよく理解できる。

さゆりさんが、少し早い夕食をつくってくれた。

2種類のカレーと野菜の素揚げなど。

おいしくいただきながら、さゆりさんと初めてゆっくり話した。

第一印象は美人でカッコイイ女性だと思った。

話してみたら、率直で純粋。

とても笑顔が素敵な魅力的な人だった。

今回は宮本夫妻・進吾さんとさゆりさんの魅力がよくわかった上映会だった。

19:30をまわると、お客さんが次々お店に集まってきた。

20人以上の人が集まり、会場は人でいっぱいいっぱいになった。

パイランドの智子さんも来てくれた。

会場の様子を見て、一度パイランドに戻り、椅子を3つほど持って来てくれた。

20:10。宮本さんの挨拶で上映が始まった。

私も店のキッチンから映画を見た。

見ているお客さんは笑ったり話したりしていて反応がよく、それを見て私は嬉しくてたまらなかった。

しかし、画面ノイズがやたら多かった。

こんなことは初めてだった。

途中から私はかなり冷や冷やしながら見ていた。

後半、DVDを変えたが、1回ストップしてしまった。

かなりへこんだ。

あとはなんとか最後まで再生できたのでよかったが、反省した。デッキとの相性をチェックしたり、ディスククリーニングもしなくてはと。上映後、お客さんにあやまった。

今後このようなことが起きないよう気を引き締めなくては。

しかし、お客さんはとても映画を楽しんでくれていた。

5人くらいの方の質問に答えた。終わった後も、何人もの人とお話をした。

石垣出身で16年間ニューヨークで働いていて最近戻ってきた女性が、映画と音楽を絶賛してくれた。

ニューヨークで上映したらきっといいと思うと言われ、とても嬉しかった。

本州から石垣に移住してきた女性や、これから農業を始めようとしている女性たちにも、映画が心に響いたようだ。

「映画を見終わって、すがすがしい気持ちになりました。

明日からまたがんばっていこうと思いました。」と私に言って帰っていった。

これが映画の至福なのだ。


左から、さゆりさん、内藤さん、西村さん、宮本さん。

そしてそのまま店で打ち上げ。

さゆりさんが鍋を用意してくれた。

ミソ風味の汁に野菜やレンコンと豚と鶏のつみれがおいしかった。

私はとにかくお客さんが映画を楽しんでくれたことが嬉しくてテンションが上がった。

それから宮本さんが自分の店でこのような形で上映をやってくれたことに感謝。

西表の一慶さん、波照間のナオコさんを私に会わせてくれたことも感謝。

この石垣島に宮本さんがいることだけで石垣が近く親しく思え、勇気が湧いてくる感じがする。
宮本さん、内藤さん、さゆりさん、西村さんと話が尽きなかった。

気がついたら2:30を過ぎていた。びっくり。

そして別れて内藤さんの家に戻った。

お茶を飲みながら今日の出来事を振り返った。

そして寝た。

彼女は明日、「ヤギの冒険」の上映を手伝うので朝が早い。

 

コメントをどうぞ

トップに戻る

メニュー

記事分類

最近の記事

アーカイブ

原発関係

映画祭

映画館

農・衣・食・住

最近のコメント

管理用